忍者ブログ

極東アジアの政治・経済・外交・安全保障および歴史に関するブログです。

   


×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 11日開かれた政府主催の東日本大震災2周年追悼式に、中国と韓国の代表は出席しなかった。一方、政府は今回、国や団体の名前を読み上げる「指名献花」の対象に、昨年は入っていなかった台湾を加えた。これに対し、中国外務省は「断固反対」とする副報道局長の談話を発表。式典欠席は、台湾の処遇への反発が理由とみられる。

 昨年の式では台湾を指名献花から外した野田内閣(当時)が批判を浴びたため、今年は各国の国名を読み上げた後、在日米軍、パレスチナ常駐総代表部と並べて「駐日台北経済文化代表事務所からもご出席いただいている」と紹介。席も民間団体と同じだった昨年の場所から移動させ、「外交団・国際機関等」向けの席を用意した。

 韓国代表が出席しなかった理由は明らかになっていないが、在日韓国大使館は日本外務省に「意図して欠席したわけではない」と伝えた。

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2013031100832

ただ一言、呆れたわ!です ( ゚д゚)

ケツの▼が小さいのか、器が小っこいのか、ほんと「小っちゃ!!」の一言に尽きます! こう言う民族に不幸にして生まれていたら恥ずかしくて生きていられないことでしょう! ヽ(´ー`)ノ

中国と言う共産党制の器は単に小さいだけではなく、あらゆるところにヒビが入りバラバラに割れかける寸前のようです。 汚職・貧富格差・人権問題・環境破壊・少子高齢化....などなど。 もう暫くすれば器は5~6コに割れるそうですが、一日でも早くそのような日を迎えることを心よりお待ち申し上げております!

そして、「意図して欠席したわけではない」などと訳の分からないアホなことを平気で言うバ韓国。 救いようがありません(今後一切救うつもりもないですが..)!

バ韓国は宗主国・中国に倣ったのか? この機会にいつものようにゴマを摺ろうとでも? それとも、脅されたか? 言うことを聞かなければ、休戦条約が白紙に戻った北の方角から弾道が飛んでくるかも?とか。

まぁ、結論としては、来たくなければ来なくていい! ケツの▼が小さいことを晒しまくればいいのです! (゚д゚)バーカ

PR

関東大震災時に起きた朝鮮人虐殺をめぐり韓国記録写真研究家のチョン・ソンギル氏が虐殺事件当時に撮影されたとみられる写真を公開した。写真には大量の遺体が並べられている。写真上部には「大正十二年九月一日」と書かれており、この日付は関東大震が発生した日でもある。

この日付は分かりやすくするために後付けであることはわかるが、実は問題はそこではなかった。この写真そのものが関東大震災の朝鮮人虐殺はおろか、関東大震災とは無関係である可能性が浮上している。

つづく→ http://getnews.jp/archives/287724

人間は息を吸って吐くものですが、朝鮮式呼吸法は息を吸って嘘を吐くようです。 ヽ(´ー`)ノ

捏造はこの様にして作られるという典型例ですな(南京虐殺、従軍慰安婦、強制連行など)。

そして、その捏造は大声で繰り返されることで一人歩きして行く!

嘘つきを懲らしめるには訴訟を起こして法的措置を取り、損害賠償ならびに虚偽を認めさせ謝罪および訂正させるのが最も有効的であると思います。 外務省がNPOを作って訴えさせればいい!

米国NY州に建てられた慰安婦碑も「20万もの韓国婦女が拉致された」みたいな明らかな嘘が書かれているのですから、単に行政に抗議するのではなく、訴訟を起こして司法でハッキリさせれば良いと思うのですが...

移住者数やロビーで負けているのであれば、明らかな虚偽の箇所をついて裁判で争え!と思います。 ヽ(´ー`)ノ

シンガポール当局は30日、「シンガポールに従軍慰安婦像を設置することはなく、この件について韓国といかなる協議も行っていない」と表明した。環球網が伝えた。

インドネシアのジャカルタグローバル紙は30日、韓国の団体、韓国挺身隊問題対策協議会がこのほど、「シンガポールを皮切りに複数のアジアの国に慰安婦像を設置し、旧日本軍の性的奴隷となったアジアの女性たちの記念とする」と表明したと伝えた。同団体は、すでにシンガポール当局と協議し、代表団をシンガポールに送って最終プランを決定すると説明。シンガポール以外では中国やマレーシア、インドネシアに慰安婦像を設置する予定だとした。

シンガポール文化省は30日、「シンガポール政府と韓国挺身隊問題対策協議会が慰安婦像の設置について協議、検討したことはない」と表明した。

http://www.xinhua.jp/socioeconomy/photonews/332452/

ざぁまーー! ヽ(´ー`)ノ

無知で金欲しさ票欲しさのおバカな若しくは狡いアメリカ人は騙せても、シンガポール政府は騙せなかった! 改めて、ざぁまーーー見たか。 ( ´,_ゝ`)プッ

売春婦≒慰安婦≠性奴隷!

 米紙ニューヨーク・タイムズがひどい。一党独裁で言論の自由がない中国や北朝鮮ではあるまいし、民主国家日本の首相を「右翼の民族主義者」呼ばわりし恬(てん)として恥じないのだ。

 同紙は今月3日、「歴史を否定する新たな試み」と題し、旧日本軍による慰安婦募集の強制性を認めた河野談話に関し、有識者による再検討の必要性に言及した安倍晋三首相を口を極めて酷評した。

 当時、官房副長官として河野談話作成に深く関わった石原信雄氏は、証拠はないが謝罪した方が得だと判断したと私にかつて語った。韓国政府が非公式に「強制性を認めれば事を荒立てない」と伝えてきたからだ。だが韓国政府がその後も態度を変えなかったため、石原氏はだまされたと悔やんだが、後の祭りだった。

 証拠もなく、閣議決定も経ないまま、河野談話が発表された平成5年8月4日の翌日、宮沢内閣は総辞職している。前年の1月13日には、慰安婦問題への軍の関与に言及した加藤紘一官房長官談話が発表されている。3日後、首相の宮沢喜一氏が訪韓し、談話は手土産にされた。事実より政治決着を優先させたのだ。ニューヨーク・タイムズは経緯をどこまで調べて批判しているのか知らないが、談話は日本叩(たた)きに利用され続けている。

http://sankei.jp.msn.com/world/news/130111/amr13011103140000-n1.htm

 アカヒと提携し、シナ・チョン御用達並びにシナ・チョンから広告収入など利益供与を受けているNYタイムズにはほとほと呆れ果てる。 記事の内容が余りにも偏見に満ち、一方的でしかも証拠や確証の提示は殆どなく、単なるレッテル貼りだけで日本を叩き、日本人を貶めている反日広報紙である。 ヽ(´ー`)ノ

日本政府は河野洋平を証人喚問し、軽率で無責任極まりない「河野談話」を表明したことに対し責任追及すべきだ! 「河野談話」がいわゆる従軍慰安婦問題の証拠かのようにして政治利用され続けている結果責任は厳しく問われるべきであり、当時の判断ミスを真摯に認め、河野自身自ら「河野談話」を撤回し、自らの過ちを国民に懺悔すべきである!

河野本人が「河野談話」の撤回をした後、日本政府は正しい見解に基づく官房長談話等を速やかに表明し、日本の汚名を晴らし、いわゆる従軍慰安婦問題など真実に基づかない捏造・虚構に関してハッキリと白黒を付けるべきである。

国民が安倍政権を選択した大きな理由の一つには、前回不本意な形で辞任して挫折せざるを得なかった懸案事項の完遂に再チャレンジして貰うべき期待からである。 これらができないで「日本を取り戻す!」などとは言えないはずである!

  在米韓国人団体である韓米公共政策委員会は4日、米国ニュージャージー州に続き、ニューヨーク州議会でも日本軍慰安婦決議案が推進されると明らかにした。複数の韓国メディアが報じた。

  韓国メディアは、「米ニューヨーク州議会も慰安婦決議案を推進」、「米ニューヨーク州議会も慰安婦糾弾決議案の推進」などの見出しで伝えた。

  ニューヨーク州上院と下院において、第2次世界大戦当時の従軍慰安婦を強制動員した日本政府に対して、謝罪と責任を要求する内容の決議案を採択するための発議が同時に進行するという。

  州議会上院では、イタリア系のトニー・アベルラ議員、下院では、ユダヤ系であるチャールズ・ラヴィーン議員が主導的な役割を担っており、遅くとも今月中に代表発議が行われる予定だ。

  2人の議員が推進する決議案は、慰安婦問題をホロコースト(ユダヤ人大虐殺)に劣らない歴史的悲劇と規定し、「アジアホロコースト」(Asian Holocaust)の観点から、日本の極悪非道な人権蹂躙(じゅうりん)行為を告発する。

  また、慰安婦を「性奴隷」(sexual slavery)問題に浮上させ、日本の謝罪を誘導することに焦点を合わせていく。委員会側は、多数の州議会議員らが呼応しており、早ければ今年上半期に決議案の採択が可能になるとみられている。

  慰安婦決議案は、1999年にカリフォルニア州議会上院が初めて通過させた後、在米韓国人市民団体である市民参加センターの取り組みで2007年の連邦議会下院でも可決された。連邦議会で初めて採用されたこの決議案は、慰安婦問題を20世紀最大の人身売買事件の一つとして規定している。

  昨年9月には、ニュージャージー州議会でもこれと類似した内容の決議案2件が上程された。上院と下院にそれぞれ発議した2件の決議案も「慰安婦」(comfort woman)ではなく、「性奴隷」という表現を使用した。韓国だけでなく、中国やタイ、ベトナム、インドネシア、マレーシア、フィリピン、オーストラリア、オランダなどを被害国に含め、性奴隷問題が単に韓国と日本両国だけの問題ではないことを強調している。

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=0107&f=politics_0107_006.shtml

以下転載ヽ(´ー`)ノ ---------- 

韓国の無作法には、毎回きっちりと落とし前を付けなければならない(これをやらないで済ますのが日本人の間違い)

<<朝鮮人の扱い方マニュアル>>

・中国人が教える朝鮮人の扱い方(宗主国の歴史と伝統を感じる)

 朝鮮人は、「優しい」と「弱い」の区別が出来ません。(優しくすると弱いと勘違いして漬け込みます)
 また、朝鮮人は「強いと」と「悪い」と「正義」の区別が出来ないのです。「対等」「友人」と言う概念は理解できません。
 朝鮮人社会は個人同士、どちらが優位な位置に居るか?それが、最重要な関心事です。(上のモノは強姦しても罪ではないのです)
 このような社会で生きる朝鮮人は、他人に対する思いやりや慈愛の精神は皆無です。(文化のない土人、家畜レベル) 
 したがって、日本人が普遍的に持っている「平等感」や「対等」と言う気持ちや態度は、朝鮮人には敗者、弱者が尻尾を振って
 いる態度にしか見えないのです。従って日本人が朝鮮人を「まともな人間」だと思い、人間として対応することが問題が発生する
 原因です。「朝鮮人は犬だと思って付き合いなさい」。それが朝鮮人のためでもあり唯一の付き合い方です。 
 具体的には、
 1)謝ってはいけません。 (朝鮮人相手に如何なる理由にしろ謝るということは、あなたの奴隷ですという意味しかないのです)
 2)筋の通らない理屈を言ったら、100倍制裁をしなさい。 (情けと容赦を与えるのが日本人の誤りです。無慈悲に徹底的に)
 3)感謝の気持ちは、王が家来に褒美を与える様に接しなさい。(日本伝統の感謝では朝鮮人は誤解して自分が上だと錯覚する)
 4)正論や理屈は意味がありません。強制と命令で動かしなさい。(相手は犬ですから、正論は無意味です。餌と鞭です)
 5)裏切りにたいして、温情は絶対にいけません。 (温情をかけると弱いと見做されて、つけ込まれます)
 6)実行できない無理な命令を出して、出来ない事を責め続けなさい。 (常に朝鮮人を責めることが重要)

・旧帝国陸軍の朝鮮兵に対する注意書き

 一、いつ、いかなる時でも唐辛子粉を食事に際し好きなだけ使わすこと。
 一、絶対に頭、体を叩いてはいけない。怨みを持って復讐する気質があり、脱走の原因となる。
 一、清潔な食事運搬用バケツと雑巾バケツの区別をよく教えること。(衛生観念がないので良く教育すること)
 一、危険な状況下では銃を投げ捨てて哀号!と泣き出す習癖があるから、日本兵二名で一名の朝鮮兵を入れて行動せよ。

・米軍による韓国兵の扱いマニュアル

 1.韓国人には強気で押せ。抵抗する場合は大声で命令しろ。
 2.命令を聞かない場合は殴ること
 3.同じことをくり返す場合、犬のように何回でも同じ様に叱れ、何回でも殴れ
   こちらが上と言うことを身体で解らせろ。
 4.理由は聞くな。どうせ大したことは言っていない。
 5.身体で解らせた場合、根に持つ場合があるので、後で身辺には気をつけて行動しろ。
   但し、徹底的に解らせる迄、手を抜いてはいけない。 中途半端に制裁すると反抗するので徹底的に殴りつけること
 6.相手を3才児と思い、信用したり頼りにはするな。重要な仕事は任せるな。

・旧ソ連共産党による朝鮮の扱い方

 1.頭痛の種になるだけだから関わるな
 2.手段を選ばぬキチガイ揃いだから関わるな
 3.関わるとこっちが痛い目に遭うから関わるな
 4.関わってきたらウォッカを飲んで忘れること
---------------------------

的確ですなぁ~! ヽ(´ー`)ノ

  
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
AdSense
ブログランキング
最新コメント
最新トラックバック
(09/28)
(09/26)
(09/24)
(09/20)
(09/10)
バーコード
ブログ内検索
タグクラウド
カウンター
Copyright ©  -- アンチ特亜ブログ! --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]