忍者ブログ

極東アジアの政治・経済・外交・安全保障および歴史に関するブログです。

   
カテゴリー「拉致事件」の記事一覧
  • « PREV
  •  | HOME | 
  • NEXT »


×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

鳩山由紀夫首相は29日、北朝鮮による拉致問題の解決について「これから真剣に考え、『やっぱり新政権は違う。人の命を大切にしている』と思っていただけるような方向を示していきたい」と述べた。

 ぶら下がり取材の詳報は以下の通り。


 【拉致問題】

 --本日、拉致被害者の家族と面会したが、家族にしてみればなかなか問題が解決しない中、これまでの政権の取り組みのどこが足りなかったと考えるか。民主党政権であれば、どんなアプローチが可能になるか 「そんな簡単な話じゃないと思いますね。でも、やはり新しい政権になったと、新しい政権は私は友愛精神が大事だと言ってますけれども、一人ひとりの命を大切にする政治、それを示すためにはやはり拉致問題に対して前進がなければならない。そう思っています」

 「今までの政権も、一生懸命、拉致問題を解決しようと意気込みはあったと思う。ただし、それは空回りしてきたんじゃないか。必ずしも北朝鮮側の意思を変えることはできなかったということでありますから、何とかしてこの北朝鮮側の意思を動かさなきゃいけないと。そのためには、いろんなやり方があると思います。そのやり方をこれから真剣に考えていきたいと思っていますから、まだ細かいことを申し上げるような段階でもないし、必ずしもその成案を得ているというわけではありません。これから真剣に考えて、しかしやっぱり新政権は違うねと、人の命を大切にしているねと、そう思っていただけるような方向を示していきたい、これはやんなきゃいけない問題だと思っています」 (以下、略)

全文
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/
090929/plc0909292341018-n1.htm

鳩山首相が拉致被害者家族と面会した画面をニュースで見ました。ちゃっかりブルーリボンバッジを着けてたのには笑えました。
(゚∀゚)アヒャ

そして、同日の与党会議?では同じスーツだと思いましたが、ブルーリボンバッジは既に外されていました。着替えしないなら、せめて一日ぐらいは着けとけよ!そう思った次第です。
(ノ∀`)アチャー

拉致被害者家族は政権交代で当然何等かの進展を期待するところはあるでしょうが、現実には拉致事件そのものを長く否定してきた旧社会党系議員を多く抱え、しかも党内を牛耳っている左派が拉致事件に真剣に取り組むとは到底思えません。

拉致家族会、首相と初面会=「解決の意気込み感じた」
9月29日18時15分配信 時事通信

 拉致被害者家族会の飯塚繁雄代表(71)らは29日、鳩山由紀夫首相と官邸で初めて面会した。鳩山首相は「被害者や家族がどんな気持ちで一日一日過ごしているか察するに余りある」とした上で「他国に依存していて解決できる問題ではない。新政権として積極的に取り組む」と述べた。
 
約40分の面会後、飯塚代表は「たくさんの問題がある中、日本の重要課題として拉致に(国内外で)言及してもらい非常に心強い。全く進展がなかったが、民主党が政権を取り、今までにない取り組みで必ず解決するという意気込みを感じた」と話した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=
20090929-00000118-jij-pol

拉致被害家族にとって頼るところは、結局のところ日本政府なわけです。本心かどうかは分かりませんが、「新政権に意気込みを感じた」とのコメントに虚しささえ感じました。

公安委・拉致担当に中井氏が就いたことだけは救いかも知れません。
「拉致解決なければ国交正常化なし」中井洽担当相 情報収集強化にも言及

拉致問題を解決するには、ダイレクトに北朝鮮本体を相手にしていてもダメなことは明らかです。日本国内の北朝鮮系団体や産業(パチンコ・貸金など)に圧力を掛けてこそ真の制裁と言えるのですが...何で着手すらしないのでしょうか。やっぱズブズブなんですかね!?
ヽ(´ー`)ノオテアゲ~
PR
 千葉景子法相は29日、産経新聞のインタビューに答え、横田めぐみさんらを拉致した実行犯である辛光洙(シン・ガンス)元死刑囚の釈放嘆願書に署名していた問題について、「うかつだった。誤解を招くような結果になったのは大変申し訳ないという気持ちはある」と述べ、反省を表明した。

 なぜ署名したかに関しては「どういう状況で署名したか、その経緯は調べている段階だ」と述べた。拉致問題については「国際的に見ても、人権を大事にということから見ても許すことのできない問題だと思う」と語った。

 嘆願書は「在日韓国人政治犯の釈放に関する要望」との表題で1989年、当時の盧泰愚韓国大統領にあてて出された。村山富市元首相、土井たか子元衆院議長、江田五月参院議長ら128人の国会議員が署名した。釈放要請対象者には、辛元死刑囚の共犯者である金吉旭・大阪朝鮮学校元校長の名前もある。

 鳩山内閣では千葉氏のほか、菅直人副総理・国家戦略担当相も署名しているが、鳩山由紀夫首相は16日の就任記者会見で「過去のことに対して私は今、2人の大臣に問うことを考えていない」と述べ、不問に付す考えを示した。

http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/
090929/stt0909291708014-n1.htm


法務大臣 千葉景子氏 だめだこりゃ!
千葉法相 「人権侵害救済機関、設置は当たり前。早急に実現させる」


大臣になったら急に真摯な態度に変わりました。都合が良すぎます。
( ゚д゚)ポカーン 

申し訳がない気持ちがあったのなら、もっと早く謝罪できたのではありませんか?20年も前に起きたことを未だ調査段階とは?言い逃れも、言い訳も甚だしい。このような人物は法務大臣に相応しくありません。罷免いただきたいものです。ついでに首相の任命責任も問うていただきたい。
(゚Д゚)ゴルァ!!

拉致実行犯の釈放嘆願書には署名しても、死刑執行の書類には断固署名しない。極左思想の冴えたる偽善者の典型ではないでしょうか。このような人が国務大臣を務める我が国は他国に誤った印象を与える危険性があります。まして法務大臣ですから...
((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

民主に背乗りした旧社会党議員は、それで全ての過去をリセットできると思っているのでしょうか。拉致事件に関しては、社民に残った議員らは多少の非難は受けています。それに引き換え、民主へ逃げた奴らは・・・民主在籍の旧社会党系議員らは北朝鮮へ行き、拉致被害者の消息が判明するまで帰ってくるな!それ位、罪深い人達です。

多くの有権者が民主党内部の実情を知っていたならば、政権交代など起きなかったでしょう。これからは、多く方が知るところになるはずです。だって、何たって政権政党ですから!

政界再編は必然であると思っています。自民党は消滅するかも知れませんが、保守政党は必ず残ります。民主党の保守系議員は、早く左派が支配する現在の民主党と決別下さい。その日が一日も早く来ることを心待ちにしています。
ヽ(^。^)丿
  
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
AdSense
ブログランキング
最新コメント
最新トラックバック
(09/28)
(09/26)
(09/24)
(09/20)
(09/10)
バーコード
ブログ内検索
タグクラウド
カウンター
Copyright ©  -- アンチ特亜ブログ! --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]