忍者ブログ

極東アジアの政治・経済・外交・安全保障および歴史に関するブログです。

   


×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 領土問題で中国、韓国は日本の領土の削り取りに猛烈な攻勢をかけてきている。中国は海警局の船舶を尖閣諸島周辺海域に派遣して領海侵犯を繰り返し、日本に「領土問題の存在を認めろ」と圧力を加えている。最近では対馬が1000年前から韓国領だというトンデモ主張に基づく小説『千年恨、対馬』がベストセラーになっている。
 
 また、韓国は国連に「韓国の大陸棚」が沖縄周辺の海域まで延びているという報告書を提出し、8月末の国連大陸棚限界委員会で発表する予定だ。竹島を不法占拠し、対馬を自国領だといい、次は「沖縄にも韓国の権利が及ぶ」と主張しようとしているのである。盗人猛々しい行為である。

 中韓に最初から歴史認識問題で日本と理解し合おうという姿勢がない以上、首相が靖国参拝をしようがしまいが、日中、日韓の2国間で解決できる状況ではなくなっている。日本がやるべきことは、国際社会で日本の主張の方が正当で、中韓の方が「いいがかり」をつけていると広く認めさせることのはずだ。

http://www.news-postseven.com/archives/20130823_206278.html

竹島問題の国際司法裁判所への単独提訴はどうなっているだろうか?

李明博が竹島不法侵入し天皇卑下発言などもあって、時の野田政権は竹島問題のICJへの共同提訴を提案。 しかし、韓国側がこれを拒否したことから、日本側はICJへの単独提訴を視野にその準備に入った。 その後は・・・?

日本がICJへ単独提訴を行った場合、韓国側がそれを拒否するのであれば、その理由を明確にしなくてはならない。

国際社会で日本の主張の方が正当であることを広く認めさせるには、日本がICJでの解決を望んでいるにもかかわらず、韓国がそれを逃げている事実を世界に広報すべきが一番手っ取り早く、しかも効果的ではないか?

ICJへの対独提訴という選択肢がありながら、それを行わない日本側こそ竹島問題から逃げていると思われても仕方ないのである!

日韓関係が最悪なのだから、この際「単独提訴」に踏み切る絶好のタイミングだろ! 竹島問題が解決すれば、嘘吐き韓国が証明され、慰安婦問題なども解決するだろう。 ヽ(´ー`)ノ

PR

 内閣府が島根県・竹島(韓国名・独島)に関する特別世論調査結果を1日に公表したことに対し韓国外務省は2日、在韓日本大使館の船越健裕公使を呼び抗議した。同時に「再び挑発的行動を取ったことに厳重抗議し、こうした行為の即刻中断を強く求める」とする報道官論評を発表した。

 船越公使への抗議は、東北アジア局の李相徳審議官が行った。論評は「日本政府が独島に対する、でたらめな主張を続け、一部の政治指導者が傲慢な言動と誤った歴史認識を繰り返し示している」と指摘。「こうした言動は韓日関係の未来志向の発展や北東アジアの調和にも深刻な障害となる」と強調した。

 韓国では10日に李明博大統領(当時)が元首として初めて同島に上陸してから1年を迎える。15日には植民地支配からの解放を祝う記念日の政府式典で朴槿恵大統領の演説が予定され、領土問題再燃が演説に反映される可能性も出てきた。

 調査では竹島を「知っていた」と答えた人の60・7%が島を日本領と答えた。

http://sankei.jp.msn.com/world/news/130802/kor13080213300004-n1.htm


いつもながら、韓国の異常・過剰反応は見せ物としては面白いなぁ! (゚д゚)バーカ

日本国内で世論調査することが挑発的行為!? ( ゚д゚)ポカーン

バ韓国の内政干渉の方が挑発的行為でしょ!

日本政府は早よ駐韓大使を召還し、竹島問題を国際司法裁判所へ提訴しろ!

一日も早いバ韓国との国交断絶をお願いします! かしこ。

 プーチン・ロシア大統領が29日の安倍晋三首相との首脳会談で、北方領土問題に関し、係争領土の面積を等分して決着を図る面積折半方式に言及していたことが30日分かった。首相同行筋が明らかにした。

 プーチン氏は首脳会談で、ロシアが中国やノルウェーとこの方式で領土問題を決着させた経緯を説明。北方領土について具体的に面積折半を求めたかは不明だが、解決法の一つとして触れた可能性がある。

 菅義偉官房長官は30日の記者会見で、面積折半方式について「四島が日本に帰属するという前提に立って返還を進めていくのが基本方針だ」と否定的な見解を示した。

 これに関し、政府高官は同日夜、「四島の帰属を確認することが基本だ。それができれば2島からの返還でもいい。その先は何十年かかるかもしれない」と述べた。日本政府の基本方針を踏まえ、四島の日本帰属が確認されれば、1956年の日ソ共同宣言に明記された歯舞、色丹両島引き渡しの先行にも柔軟に対応する考えを示したものだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130430-00000120-jij-pol

> 「四島が日本に帰属するという前提に立って返還を進めていくのが基本方針だ」

> 「四島の帰属を確認することが基本だ。それができれば2島からの返還でもいい。その先は何十年かかるかもしれない」


当然でしょ! 

日本は四島だけで十分過ぎるほど妥協している! それを更に下回ると言うことは、散々値切られた後にとどめにまた値切られるに等しいこと。 受け入れられない!

面積折半方式ならば、千島列島全島と南樺太を含めた面積で折半しろ! そうすれば、四島+αで決着する! +α分は切り捨てでも構わない。 ヽ(´ー`)ノ

日ソ不可侵条約を一方的に破棄して残虐の限りを尽くしたロシアは謝罪の意を込めて四島は日本に帰属することを認めるべきだ!

67年もの間粘り強く辛抱してきたのだから今さら安易な妥協は禁物だ! ヽ(´ー`)ノ 

 ロシアのプーチン大統領が29日の安倍晋三首相との共同記者会見で、北方領土をめぐる日本側の同行記者の質問に不快感を示す一幕があった。

 記者は、ロシア政府が北方四島の開発を進めて実効支配を強めていると指摘し、「こうしたことを続けるのか」とただした。これに対し、プーチン氏はあからさまにため息をつき、「(領土交渉)プロセスを妨げたいならば、激しい質問をして、同じように激しい回答を得ることになる」と早口でまくしたてた。

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2013043000036

 


 

今回はどこまで進むでしょうか。 領土問題解決して平和条約締結まで... (;´Д`)

やはり四島の帰属は日本であると認めて貰わないと難しいでしょう。 それでようやく「引き分け」!

安倍&プーチン在任中に一気に詰め貰いたい交渉でもあります! ヽ(´ー`)ノ
 

 島根県が竹島の領土権確立を目指して2005年に条例で定めた「竹島の日」の記念式典が22日、県などの主催により松江市内で開催される。8回目となる今回は、島尻安伊子内閣府政務官が初めて政府の代表として出席。このほか、国会議員と地方議員ら約500人が出席する。

 県は1月、安倍晋三首相や関係閣僚に式典への招待状を送った。首相や閣僚の出席は見送られたが、日韓両国が領有権を主張している竹島問題への安倍政権の姿勢を示す狙いから島尻政務官の出席を決めた。25日の大統領就任式を控え、韓国側が反発する可能性もある。 

 県によると、国会議員の出席は過去最多の19人。式典では溝口善兵衛知事があいさつするほか、記念事業として専門家らによる講演や対談が予定されている。

 竹島問題をめぐり、自民党は昨年の衆院選総合政策集に政府主催による竹島の日を祝う式典の開催を明記したが、政府は韓国との関係に配慮して今年は見送る方針を決めた。

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2013022200063

韓国政府が「竹島の日」行事を強行すれば措置を取るとほざいています。 さて、どんな措置を取って笑わせてくれるのでしょうか。 非常に楽しみです! ヽ(´ー`)ノ

来年の「竹島の日」は必ずや政府主催式典でお願いします!

その前に、「ねじれ国会」解消した暁には先ず竹島問題のICJ(単独)提訴を必ずやることです! その間に適正水準に戻りつつある為替レートを背景に韓国経済を潰しておく!

半島の上半分には本当に不穏な空気が漂っており、上下朝鮮の間で何も起こらない方が不思議なぐらいです。 朴槿恵新政権が本格的にスタートを切れば、北は必ず何かを仕掛けて来ることは明らかです。

日本は半島のことは半島に任せ、下手に関与せず、尖閣を含む東シナ海問題や北方領土問題に集中するべきでしょう。

何で隣国にはこんな奴等ばっかしなのでしょうかね~! ( ´Д`)=3

  
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
AdSense
ブログランキング
最新コメント
最新トラックバック
(09/28)
(09/26)
(09/24)
(09/20)
(09/10)
バーコード
ブログ内検索
タグクラウド
カウンター
Copyright ©  -- アンチ特亜ブログ! --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]