忍者ブログ

極東アジアの政治・経済・外交・安全保障および歴史に関するブログです。

   


×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 民主党の小沢一郎幹事長は16日の記者会見で、永住外国人への地方参政権(選挙権)付与法案について「韓国政府サイド、在日の方々からも要求が非常に高まってきている」と述べ、法案推進の理由に韓国側の要請があることを認めた。

 さらに「民主党が積極的な姿勢を示していた経過もある。政府の姿勢を鮮明にする意味からも、政府提案が望ましい」とも述べた。

 ただ、外国人参政権問題はこれまで民主党内で論議が事実上凍結され、意思統一が行われなかったため同党の衆院選マニフェスト(政権公約)にも盛り込まれかった経緯がある。

 付与推進派の党内急先鋒である岡田克也外相でさえ、幹事長当時の今年5月、産経新聞のインタビューで「党の(推進)議連では一定の方向性を出したが党内議論がまとまったわけではない。少し時間をかけないといけない」と語っていた。

 こうした中、民主党の山岡賢次国対委員長は今月6日、今国会中に議員立法で提出することを検討する意向を示した。だが、小沢氏は10日、政府提出法案が望ましいと表明。11日に開かれた政府・民主党首脳会議で法案の扱いを小沢氏に一任したが、今国会への提出は見送りの見通しとなっている。

http://sankei.jp.msn.com/politics/
situation/091116/stt0911161933006-n1.htm

小沢氏、ついに本音がポロっと出たようで・・・
ヽ(´ー`)ノオーイ

永住外国人地方参政権@アンチ特亜ブログ!(過去記事)
365アンケート「永住外国人の地方参政権は必要ですか?」集計結果
民主・横峯良郎氏「永住外国人に地方参政権が無いのはおかしい。なぜ韓国は国を挙げて抗議しないのか!」

しかし、日本の政党しかも政権与党がこのような特定他国からの内政干渉に影響されても良いものでしょうか。まるで外患誘致です。

民主党議員の3/4が参政権付与に前向きだそうですが、世論の大多数は反対しています。もし世論を無視し、特定他国におもねることになれば、それは明らかな売国行為です。そして、法案に賛成した議員には売国奴のレッテルが貼られることになるでしょう

推進派と言われる民主党議員3/4の中にも翻意する議員は多数いるだろうと推測されます。これだけの世論の反対があり、しかもマニフェストからの記載を見送られた経緯のある法案のどこに正義があるのでしょうか。

党内ですら意見集約できず、そして憲法問題もクリアできず、それにも関わらず法案提出に固執するのでしょうか。それは自殺行為もしくは自爆テロにも等しい蛮行であると言わざるを得ません。

外国人参政権を永住中国人にも 「相互主義」とらず 民主検討案判明
参政権法案 今国会提出断念へ 政府・民主 党内外に反発強く

( ´Д`)ノ~バイバイ タイホー
PR
 民主党の山岡賢次国対委員長は6日午前、自民党の川崎ニ郎国対委員長と国会内で会談し、今国会中に永住外国人への地方参政権付与法案を議員立法で提出する考えを伝えた。

 会談終了後、山岡氏は記者団に対し「今国会で(提出を)考えている。党内にもいろいろ意見があるが、場合によっては党議拘束なしというやり方もある」と述べた。また、山岡氏は臨時国会の会期について「今の状況では延長せざるを得ない」と述べた。11日に政府・民主党首脳会議を開催して国会対応を協議する方針だ。

 地方参政権付与については、鳩山由紀夫首相が5日の衆院予算委員会で「前向きに考えている」と述べていた。

http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/
091106/stt0911061157002-n1.htm


やれるものならやってみろ!と言う心境です。
(゚д゚)バーカ

どうせ、韓国・民団に対するリップサービス、やってます詐欺の一環ではないでしょうか。大体、小沢通達で議員立法は原則禁止のハズですし...臨時国会召集を延ばしに延ばしたくせして、会期延長とは図々しいのもほどがある!
ヽ(`Д´)ノプンプン

法案を提出した時点で民主党は内部崩壊し始めると思います。経済・雇用・財政など深刻な問題が山積し、支持率が落ち始めているこの時期に、世論の大多数が反対している法案に触れることは自殺行為に等しい!
\(^o^)/オワタ

民主党内部にも強行に反対する良識ある議員が多数いると言われています。党議拘束せずとは言え、禍根を残すことは必至。上手く行けば、挙って離党->政界再編へ...となれば最高なんですが。
ヽ(´ー`)ノバンザーイ

そうこうしているうちに続報が・・・
なぜ今、参政権法案?与野党に波紋、暗躍する推進派 党議拘束外しで急進展も

 民主党の山岡賢次国対委員長が6日、永住外国人への地方参政権付与法案を今国会に提出する方針を突然打ち上げたことに波紋が広がっている。地方参政権付与は国民主権にかかわる重大事だが、民主党は党内意見の集約を終えておらず、衆院選マニフェスト(政権公約)にも載せなかった。それだけに民主党では慎重派がさっそく反発しており、「寝耳に水だ」(幹部)と否定的な声も強い。だが、小沢一郎幹事長が賛成派である上、もし与野党が党議拘束を外して採決すれば、法案が成立してしまう恐れもある。

 「今国会に法案を出して継続審議にしておけば、来年の通常国会の早い時期に成立できる。告知期間を置いても平成23年の統一地方選挙に間に合う」

 民主党のある推進派は、山岡氏の方針を聞き、こんな胸算用を披露した。

 地方参政権付与をめぐっては、鳩山由紀夫首相が5日の衆院予算委員会で「前向きに考えている」と表明した一方、「民主党内に多くの意見があるのも事実だ。強引に押し通そうと思っていない」と党内対立の存在を認めた。

 それだけに山岡氏の発言は唐突感が否めないが、伏線はあった。

 参政権付与派の「在日韓国人をはじめとする永住外国人住民法的地位向上推進議連」の事務局長を務める川上義博参院議員は4日、小沢氏と会い、「地方にかかわる話だから議員立法で準備を進めたい」と進言していた。審議に時間がかかる政府提出法案よりも、議員立法の方が事が運びやすいと踏んだからだ。

 好感触を得た川上氏は5日に山岡氏と会い、議員立法構想を伝えた。これが「今国会提出」という勇み足にも見える発言につながったとみられる。

 参政権付与をかねて求めてきた在日本大韓民国民団(民団)に属する在日韓国人は、民主党議員を先の衆院選で支援し、両者の距離は確実に縮まっている。9月11日には民団メンバーが小沢氏に直接、地方参政権付与を要請している。

 一方、山岡氏の発言を「国会会期延長の大義名分づくりだ」(民主党幹部)と見る向きもある。

 今月30日までの会期では、国民新党が固執する郵政株式売却凍結法案も成立が困難との見方が強い。首相官邸サイドは郵政法案の会期内成立にこだわっていないとされるが、そうなれば国民新党との衝突も予想される。これを回避したい山岡氏が、重要法案を増やすことで官邸サイドに会期延長をのませる呼び水に使った-というわけだ。

 だが、民主党の慎重派議員は「冗談じゃない。少なくとも20、30人は猛烈に反対する」「左翼政党と見られるデメリットの方が大きい」など参政権付与法案にさっそく反発している。

 みんなの党の渡辺喜美代表も「参政権を行使したいなら日本人になってほしい」と反対を表明。自民党の大島理森幹事長は「(国民)主権にかかわる問題だから党議拘束なしには抵抗感を持つ」と慎重な考えを示した。

http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/
091106/stt0911062212011-n1.htm

他の目的があって会期延長するための口実として外国人参政権付与法案を提出ですか!ほんの火遊びのつもりが、全焼ってことも大いにあり得ると思います。
ヽ(´ー`)ノ

それにしても山岡川上、このお二方の出自が気になります。どうも純粋な日本人とは到底思えません!姓名をコロコロ変えたり、韓国・北朝鮮問題に関わり過ぎなのです。ホントどこの国の国会議員なのでしょうか!
(゚⊿゚)イラネ

外国人参政権付与問題は国家の根幹にかかわる問題なので、憲法問題等をクリアしなければなりません。法案停止や例え法案が成立したとしても公布停止などの処分を司法を通して行うことになる(できる)そうです。従って、この法案はそう簡単には行きません。

民主党の決定的な内部崩壊の始まりとなるのであれば、どうぞやれるものなら法案を提出してみてください。まずは国民新党が連立から離脱、そして鳩山内閣崩壊でしょうか。
( ´Д`)ノ~バイバイ タイホー
 公明党の山口代表は26日、静岡市内で記者団に、永住外国人に地方選挙権を付与する法案を10月中下旬にも開かれる臨時国会に提出する方針を明らかにした。


 公明党は1998年以降、与党時代も含めて、たびたび同法案を提出してきた。しかし、連立を組んでいた自民党内に慎重論が強く、2005年の衆院選後に提出した法案を含め、すべて廃案になっている。

 同法案を巡っては、民主党の小沢幹事長が19日、李相得(イサンドゥク)・韓日議員連盟会長に次期通常国会への提出に前向きな姿勢を明らかにした。同法案成立に向けて「共闘」が成立すれば、公明党が野党に転落して以降、初めて民主党と連携する機会となる。

 ただ、民主党内でも、慎重派と積極派が対立しており、意見の集約は図られていない。山口代表は連携について、「民主党がどういう政策決定をするかは定かでない。否定的な意見もあるようなので、よく見定めて検討していきたい」と述べるにとどめた。

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/
20090926-OYT1T00802.htm


先週は藤井財務大臣の発言などで円高、株安で終わりました。いよいよ日本経済は二番底・底なし泥沼突入モード全開ですなぁ。
ヽ(´ー`)ノオテアゲ~

先日まで与党であった、現在は野党の公明党が提出する「外国人地方参政権付与法案」に、政権交代を果たした直後の民主党が乗っかる!?単純にソレっておかしくないですか?しかも、民主党は党内で意見集約ができていないとの理由でマニフェストへの記載を見送りにした経緯もありますし。

世論の約9割がその法案に反対している調査結果も出ていますし、拙速に党議拘束を掛けずに自由投票となれば、党内不一致どころか閣内不一致になることは必至です。そうなれば、内閣不信任ですわ。
(*^_^*)

以下引用 ==========

外国人参政権 国のあり方を政争の具にするな(2月23日付・読売社説)

 永住外国人への地方参政権付与という、すでに決着したはずの問題が、なぜ、こうも繰り返し、蒸し返されるのか。

 韓国を訪問した民主党の小沢代表が李明博次期大統領と会談し、「もたもたしているのは非常に遺憾だ。実現できるよう努力したい」と述べ、法案の早期の国会提出、成立に強い意欲を示した。

 だが、憲法の規定や、国のあり方という基本的な観点から見て、たとえ地方であっても、外国人に参政権を認めることはできない。

 1995年の最高裁判決は、憲法15条の公務員を選定・罷免する権利は、日本国籍を持つ「日本国民」にある、と明示した。地方自治体の首長や議員を選ぶ「住民」も「日本国民」としている。

 憲法は、地方も含め、外国人の参政権を明確に否定している。地方自治も憲法に基づく秩序の一環だ。憲法に反することは許されない。

 地方自治体は、住民の権利・義務の規制や、罰則を含む条例の制定など、国と類似した「公権力」の行使を行う。公共サービスだけでなく、国の安全保障や教育内容など、国の基本政策に関する問題にもかかわる。

 武力攻撃事態法や国民保護法は、有事の際の国と自治体の協力を定めている。日本に敵対する国の国籍を持つ永住外国人が選挙権を行使し、国と地方の協力を妨げれば、日本の安全が脅かされる。

 民主党内では、永住外国人への地方参政権付与を推進する議員連盟が発足する一方で、慎重論を唱える議員連盟が設立された。外国人に地方参政権を付与した場合、国の基本を揺るがす恐れがあるという強い懸念があるからだろう。

 地方参政権付与論が蒸し返されるのは、95年の最高裁判決が、傍論部分で、永住外国人への地方参政権付与は憲法上、禁止されておらず、国の立法政策にかかわる問題としているからだ。

 だが、傍論は明らかに本論と矛盾し、法的拘束力もない。傍論を根拠にした地方参政権付与の主張は、無理がある。

 問題なのは、民主党内で、「自民、公明両与党分断の揺さぶりになる」という判断が加わって、地方参政権付与の推進への積極的な動きが出ていることだ。

 地方参政権付与を主張する公明党は既に法案を国会に提出しているが、自民党内に慎重論が強く、たなざらしのままだ。だが、民主党が公明党と同様の法案を提出すれば、公明党は賛成し、自民党も動揺する、と見ているのだろう。

 国のあり方にかかわる問題に政略的な思惑で対処することは、許されない。

(2008年2月23日01時51分 読売新聞)

ここまで ==========


外国人参政権付与することは、憲法違反です!!

民主党衆議院議員308名に聞きました!「永住外国人の地方参政権(外国人参政権)を認めるべきだ」の意見に賛成ですか、反対ですか?
(詳細リストHTMLはこちら!)

賛成 95
どちらかと言えば賛成 93
反対 18
どちらかと言えば反対 17
どちらとも言えない 59
回答なし 26
===========================

鍵を握るのは「どちらとも言えない」を選択した59名!党内で意見集約するのは至難の業でしょ。
Σ(゚Д゚)

選挙直前の世論調査では約9割が外国人地方参政権付与に否定的と言う結果が出ています。

外国人と言う名の下で付与対象者の約8割強を占める中国人・韓国人・朝鮮人に新たな権利(特権)を与える前に、世界に類を見ない「特別永住許可・在日特権」を廃止、是正すべきです。
ヮ(゚д゚)ォ!

古い建物の上に増築するような外国人参政権付与問題は、常識的な日本人には理解できませんし、認められません(世論調査の通り)。増築する前に古い建物を更地状態に戻してはいかがですか?
(・∀・)イイ!!

オランダの憂鬱
引用 ==========

オランダで外国人に地方参政権どころか被選挙権も与えた結果 オランダ
内にもう一つ国ができた状態になってしまった オランダにその時に居
たイスラム系住民は約100万人 オランダ人がイスラム系のコミュニティに足を踏み入
れると敵意を剥き出しにしてくる イスラム系の人は決してオランダ人と融
和する事が無くどんどん国の中で敵対関係だけが増していった そ
して今、オランダは外国人の参政の権利を減らす方向に舵を切ってる最
中 地域に溶け込んで貰おうとした参政権のハズが全く逆の結果とな
ってしまった しかし既にイララム系の政治家も居て時は既に遅く手が
付けらない状態になっている そして外国人の参政権を推し進めた
連中がオランダから無責任にも逃亡中 この手のお花畑思考の人達は決
して自分たちの行為の責任は取らない

引用ttp://musume80.exblog.jp/1326745

この例からわかるように参政権ってのは日本で外国人と仲良くとい
う結果になるとは限らない権利を与えるのは逆に国の中に火種を抱
える要素にもなりえるのだEU圏のように貨幣統合までされて価値観
が非常に似通った国家なら成功するかも知れない しかし反日教育
してる国家が国の内部に多数居るなら結果はわかりきっている

========== ここまで

日本がオランダのようになってはたまりません!我々の場合、外見容姿で見分けが付きにくいのでより複雑な状況になります。

外国人に国政参政権はもちろん、地方参政権を与えることは憲法違反です!

外国人地方参政権付与には断固反対します!!
 民主党の小沢一郎代表代行は11日、党本部で「在日韓国人をはじめとする永住外国人住民の法的地位向上推進議員連盟」(岡田克也会長)の事務局長を務める川上義博参院議員と面会した。川上氏は、来年の通常国会で、永住外国人へ地方選挙権を付与するよう要請した。面会には在日本大韓民国民団(民団)のメンバーが同席した。

http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/
090912/stt0909120057000-n1.htm


「川上氏によると小沢氏は「日韓関係をしっかりさせるためにも永住外国人の扱いは重要だ。通常国会までに(立法措置の)取り扱いを考えよう」と述べた。」

韓国と在日韓国人のことしか考えていないことが丸わかりです!ヽ(`Д´)ノプンプン そこには、日本人も他の外国人も不在。一体どこの国の政権与党なんでしょうかね!

予想通りと言えばそれまでですが、マニフェストへの記載を見送った案件がこれほど早く浮上するとは... せめてマニフェストに記載したことから始めろよ!が世論の声ではないでしょうか。

「権力の二重構造」「小沢支配への懸念」がいよいよ現実のモノとなり、そこへ連立内野党の社民や国新が加わり、さらに公明も入ってくるとかなり興味深い状況になることは必至です!

体よく外相に就任させられた岡田氏の最近の発言は徐々に反小沢的になっています。前原氏や野田氏も追随することは時間の問題でしょう。そこへ党を二分するであろう参政権付与問題が加わると...

参政権は国民固有の権利で外国人への付与は憲法違反です。この問題は政治家の国家観や信条を問う重要な問題でもありますし、憲法改正にも触れなければならないかも知れません。従って、外国人参政権付与問題を軸に、その賛否によって政界再編をすれば非常に分かりやすく、そうあるべきだと思います。
  
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
AdSense
ブログランキング
最新コメント
最新トラックバック
(09/28)
(09/26)
(09/24)
(09/20)
(09/10)
バーコード
ブログ内検索
タグクラウド
カウンター
Copyright ©  -- アンチ特亜ブログ! --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]