忍者ブログ

極東アジアの政治・経済・外交・安全保障および歴史に関するブログです。

   


×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 千代田区永田町の憲政記念館で25日に開かれた「永住外国人地方参政権付与に反対する国民集会」。国会議員、地方議員や識者らがげきを飛ばす中、日大の百地章教授(憲法学)が、国内で最初に付与許容説を唱えた学者が自説の誤りを認めたことを明らかにした。

 百地氏によると、外国人の参政権について「国政は無理でも地方レベルなら認めていこう」とする部分的許容説は昭和63年に中央大学の教授が初めて提唱。追随論が噴出し、平成7年の最高裁判決の傍論もこの説に影響を受けたとされている。

 昨年、百地氏が著書をこの教授に送ったところ、「外国人参政権は、地方選でも違憲と考えます」と書かれた年賀状が送付されてきた。本人に電話で確認したところ、「修正する論文を発表する」と明言したという。

 百地氏は「外国人参政権が憲法違反であると、とうとうわが国最初の提唱者にさえ否定されたことは極めて注目すべきこと」と強調。

 さらに「わざわざ憲法を持ち出すまでもなく、わが国の運命に責任を持たない外国人を政治に参加させることは危険すぎてできない」と述べた。

http://sankei.jp.msn.com/region/kanto/tokyo/
100125/tky1001251934011-n1.htm


外国人参政権は、地方でも違憲!
ヽ(´ー`)ノトーゼン!!

参政権を国政と地方で分けて考えること自体そもそもおかしいのです! 地方参政権を得たなら、次は国政参政権も要求してくることは明らかなのですから。

参政権が欲しければ、日本に忠誠を誓い日本国籍を取得すればよいだけの話。 税金を納めたくなければ、日本で稼がなければよいのです。 何世代にもわたり日本に住み続けているにもかかわらず、日本国籍を取得しない方がどうかしているのです。

毎年何万人もの方々が日本国籍を取得しています。 従って、帰化審査を緩和する必要も全くないと思います。 逆に帰化審査を厳密化し、本当にふさわしい方々だけに日本国籍を与えていただきたいと思っています。

ヽ(´ー`)ノキカシロ、キカ!
PR
 昨年夏の衆院選当時の民主党選挙対策委員長だった赤松広隆農水相は12日、都内のホテルで開かれた在日本大韓民国民団中央本部(民団、鄭進団長)の新年パーティーであいさつし、民団による衆院選での民主党支援に「心から感謝申し上げる」と表明。そのうえで民団の支援は、外国人地方参政権獲得のためで、永住外国人への地方参政権(選挙権)法案の成立は民団への公約だと強調した。民主党幹部が、参政権を条件に民団から組織的な選挙支援を受けたことを認めたのは初めて。

 赤松氏は「鄭進団長をはじめ民団の皆さまには昨年、特にお世話になった。投票はしてもらえないが全国各地でいろんな形でご支援いただき、308議席、政権交代につながった」と語った。

 さらに「民主党中心の政権で地方参政権問題が解決するとの思いで応援してくれたと思う。その意味で公約を守るのは当たり前だ。本当にあと一歩。感激でいっぱいだ」と参政権法案の通常国会成立を約束した。

 民主党は意見集約が難航し、日本の有権者向けの衆院選マニフェスト(政権公約)に、外国人参政権付与を盛りこんではいない。

http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/
100113/stt1001130124000-n1.htm

こう言うのは公約と言わず密約と言うのです!
ヽ(´ー`)ノヴァーカ

知っていても改めて記事になったものを読むとムカツキますな。 民団は参政権の次には被参政権の獲得を公言しています。 そうです、次から次へと要求をエスカレートさせるのです。 お国柄なので仕方ありません。 よって、参政権すら与える価値はないものだと理解しておきましょう。
ヽ(´ー`)ノプサンコウヘ カエレ!

===================

永住外国人に地方参政権を付与するのは、憲法15条1項「公務員の選定罷免権は国民固有の権利」に違反します。すなわち「違憲」です。どうしても永住外国人に地方参政権を付与するならば、憲法を改正せねばならず、実際にフランスやドイツはそうしました。

また、憲法93条2項において、「地方公共団体の長、その議会の議員及び法律の定めるその他の吏員は、その地方公共団体の住民が、直接これを選挙する。 」となっていますが、この住民とは平成7年2月28日 の最高裁判所判決において、「住民とは、日本国民を意味する」という判決が確定していています。 最高裁は「地方参政権」についても、外国人の参加を違憲と判断したのです。

このとき、「拘束力のない傍論」において「国の立法政策に委ねられている」と発言した裁判官がいたため、在日韓国人らは「最高裁が外国人の地方参政権を認めた」などと意味不明なことを言っているわけですが、「拘束力のある判決」では違憲判断されたのです。

===================

より緊急を要する問題が山積みなときに、憲法違反が濃厚な参政権法案をわざわざ取り上げ、政府提出案として党議拘束まで掛けてやる必要性がどこにあるのでしょうか。 そのような怪しげなことを平然と行う政党を支持する人の気が知れませんわ。

ヽ(´ー`)ノトリアエズ カイサン シロ!
 永住外国人に対する地方参政権(選挙権)付与法案がいよいよ本格的に動き出した。後半国会ではこの法案が最大の争点となり、夏の参院選を前に世論を二分する事態にもなりかねない。この法案の旗振り役である民主党の小沢一郎幹事長は、なぜ政府提出による早期成立にこだわるのか。

 「政府は早く法案提出準備をやるべきだ。党は党でやるから政府は政府でやってほしい。動いていないのは政府の方じゃないか!」

 11日の政府・民主党首脳会議。小沢一郎幹事長の右隣に座った輿石東参院議員会長が、対面して座る平野博文官房長官をにらみつけながらこう言い放った。

 小沢氏が「日韓関係を考えると外国人参政権は政府でやるべきだ」と水を向けたところ、平野氏が「党の方は大丈夫なんですか」と消極的な姿勢を示したことが癪(しゃく)にさわったのだ。

 輿石氏の剣幕に、鳩山由紀夫首相ら政府側出席者は押し黙り、政府提出法案としての今国会提出が決定づけられた。

 永住外国人への地方参政権付与は小沢氏のかねての持論だ。昨年12月に訪韓した際も「来年の通常国会でそれが現実になるのではないか」と大見得を切った。

 元々、民主党では議員立法を画策する動きがあったが、小沢氏が「政府の姿勢を鮮明にするためにも政府提案が望ましい」と一蹴してしまった。

 なぜ小沢氏は政府提出法案にこだわるのか。

 理由の一つとして、民主党内の足並みの乱れを指摘する声がある。この法案には、党内でも反対・慎重論が少なくない。首相や岡田克也外相ら積極派が過去にも付与推進で取りまとめようとしたが頓挫した。衆院選マニフェスト(政権公約)への記載も見送られた。議員立法にすると、反対派議員が本会議採決を欠席したり造反する可能性もある。

 これに対し、政府提出法案は党議拘束がかけられることが通例だ。造反すれば厳しい処分が待ち受けており、閣議決定後は表だって批判することは難しい。そのうえ、批判の矛先が党運営を担う小沢氏に向けられることもないというわけだ。

 もう一つは、小沢氏が「最終決戦」と位置づける夏の参院選をにらんでの判断だとされる。

 昨夏の衆院選で「在日本大韓民国民団」(民団)は、推進派候補に選挙でポスター張りや法定ビラの証紙貼りなどで全面協力した。参政権付与に前向きな公明党を自民党から離反させる手だてにもなりえる。参院選の勝利を確実にするために小沢氏は「やれることは何でもやれ」と周囲にハッパをかけており、参政権付与法案もその一つのようだ。

 小沢氏の思惑通りに政府・与党内の調整が進めば、参政権付与法案の提出は平成22年度予算案の成立後の4月になる見通しだ。

 ただ、国民新党代表の亀井静香郵政改革・金融相が反対を表明していることに加え、自民党は首相や小沢氏をめぐる政治とカネ問題と合わせて地方参政権法案問題も徹底追及する構えを見せている。法案成立をごり押しすれば、終盤国会は大荒れとなり、参院選の行方を大きく左右する可能性もある。

http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/
100111/plc1001111922003-n1.htm


民主党が割れますよーに!
ヽ(´ー`)ノ パリン ワレタ~!

外国人参政権法案に賛成するか反対するかで政界再編を行えばよい。 自公は完全に連携を解消し、民主党の反対議員は離党する。 そして、衆院も解散して衆参同日選挙で国民に信を問えばよい。 とても分かりやすいのではないでしょうか。

現国会では賛成派が多数でしょうが、世論は必ずしもそうではありません。 地方議会でも賛成から反対へ転じたところも出てきていますし、今後その傾向は続くでしょう。

外国人参政権法案が注目を集め、マスコミ・ワイドショーなどで取り上げられると、この法案がいかに売国法案かが白日の下にさらされます。

参院選で民主が大勝した後に外国人参政権法案を出されるよりは、むしろ参院選前に白黒を付け、そして国民に信を問う形にして貰うほうが有り難いですな。

外国人参政権法案は正確には「在日韓国・中国人参政権法案」です! 賛成派は韓国に対しては相互性を理由にしますが、では中国に対する相互性はどうなんでしょうか。 自国は一党独裁で参政権もなく、民主的選挙の経験もない。 日本はそのような国の人達に日本の国益をも左右する参政権を与えようとしています。 バカじゃない? もちろん、真性バカです。

ヽ(´ー`)ノ カイサーン
 民主党の山岡賢次国会対策委員長は9日、鳥取市内で開かれた同党の川上義博参院議員の会合であいさつし、永住外国人に対する地方参政権(選挙権)付与法案について「この国会で政府が必ず提出すると思う。私は国対委員長として、この国会で必ず上げる決意で臨んでいる」と述べ、18日召集の通常国会で成立させる考えを示した。

 山岡氏は「日本は一国至上主義でやってきたが、これからはそういうわけにはいかない。あらゆる国の人が結集するのが強い。合衆国みたいにしないと日本の明日はない」と述べた。

 そのうえで、外国人参政権付与に動いている川上氏について「(実現に向けて民主党の)小沢一郎幹事長を動かしている。川上さんは『平成の坂本龍馬』なんていわれている」と持ち上げた。

http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/
100109/stt1001091713008-n1.htm

外国人参政権法案で政府提案の検討を指示 官房長官が総務相に

民主・山岡氏「補正、月内に成立させたい」


山岡&川上、売国ブラザーズ!
ヽ(´ー`)ノ 氏ンデクダサーイ!

この法案が政府提案として出されると間違えなく成立する状況です。 国賊・売国議員が我が世の春を謳歌していますな。 情けない! さすが、小沢独裁で雑魚議員らは小沢の顔色伺いばかりしている政党ですな。 自浄能力、何それ?って感じですか!

あとは否が応でも、小沢の政治資金問題での事情聴取それに続くであろう立件起訴に期待を寄せざるを得ません。 検察は角栄、金丸と同様に小沢を必ず挙げると信じています。

7月の参院選までに外国人参政権法案の白黒をハッキリさせ、国民に信を問う参院選にして貰いたいです。 マニフェストに書かれていないこと勝手にやってはいけません! 小泉が郵政民営化で国民の信を問うた選挙をしたように、小沢ないし鳩山も外国人参政権法案で国民の信を問う選挙をやれ!

ヽ(´ー`)ノバイコク カイサーン!
 鳩山総理は民主党議員と総理公邸で会談し、永住外国人に地方参政権を認める法案について、来年1月の通常国会での成立に前向きな考えを示しました。

 鳩山総理は民主党の川上義博参院議員と会談し、この中で「政権交代した意義として、自民党ができなかった永住外国人の参政権の法案をやるべき」と主張した川上氏に対して、「よく分かりました」と述べ、前向きな考えを示しました。

 永住外国人に地方参政権を認める法案については、民主党の小沢幹事長が1月からの通常国会で政府提出の法案として提案すべきという考えを示していますが、国民新党代表の亀井金融担当大臣は法案に反対していて、閣内の調整は難航しそうです。

 一方、沖縄の普天間基地移設問題を巡り、川上氏が「グアムに全面移転するようアメリカに言えばいい」と述べたのに対して、鳩山総理は「受け入れてくれればベストだ」と応じたということです。

http://news.tbs.co.jp/newseye/
tbs_newseye4321165.html

正月前にケタクソ悪い(≒ムカツク)奴らやのぉ。
ヽ(´ー`)ノ テンチュウ

外国人参政権法案には憲法問題をクリアしなくてはならない。 そして何より、党内コンセンサスが取れていない問題を無理矢理に推進すれば、分裂する可能性すら大いにあります。

ガソリン税率維持は国民の要望だと言ってましたが、では外国人参政権はどうなんでしょうか。 恐らく多くは反対しているでしょう。

この法案提出と引き換えに民主党が割れ、参院選も負けるとなれば、そう簡単には政府提出法案として扱えないのではないでしょうか。

政権交代した時点で既に日本はアウトですので、この際ハッキリ白黒をつければよいのかも知れません。 この問題がマスコミを賑わす状況になれば、民主の売国政党ぶりは浮き彫りになり、政権再編への追い風が吹き抜けるのではないでしょうか。

ヽ(´ー`)ノバイコク カイサーン

  
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
AdSense
ブログランキング
最新コメント
最新トラックバック
(09/28)
(09/26)
(09/24)
(09/20)
(09/10)
バーコード
ブログ内検索
タグクラウド
カウンター
Copyright ©  -- アンチ特亜ブログ! --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]