忍者ブログ

極東アジアの政治・経済・外交・安全保障および歴史に関するブログです。

   


[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

民主が議員立法で外国人参政権付与法案を提出へ 臨時国会で
 民主党の山岡賢次国対委員長は6日午前、自民党の川崎ニ郎国対委員長と国会内で会談し、今国会中に永住外国人への地方参政権付与法案を議員立法で提出する考えを伝えた。

 会談終了後、山岡氏は記者団に対し「今国会で(提出を)考えている。党内にもいろいろ意見があるが、場合によっては党議拘束なしというやり方もある」と述べた。また、山岡氏は臨時国会の会期について「今の状況では延長せざるを得ない」と述べた。11日に政府・民主党首脳会議を開催して国会対応を協議する方針だ。

 地方参政権付与については、鳩山由紀夫首相が5日の衆院予算委員会で「前向きに考えている」と述べていた。

http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/
091106/stt0911061157002-n1.htm


やれるものならやってみろ!と言う心境です。
(゚д゚)バーカ

どうせ、韓国・民団に対するリップサービス、やってます詐欺の一環ではないでしょうか。大体、小沢通達で議員立法は原則禁止のハズですし...臨時国会召集を延ばしに延ばしたくせして、会期延長とは図々しいのもほどがある!
ヽ(`Д´)ノプンプン

法案を提出した時点で民主党は内部崩壊し始めると思います。経済・雇用・財政など深刻な問題が山積し、支持率が落ち始めているこの時期に、世論の大多数が反対している法案に触れることは自殺行為に等しい!
\(^o^)/オワタ

民主党内部にも強行に反対する良識ある議員が多数いると言われています。党議拘束せずとは言え、禍根を残すことは必至。上手く行けば、挙って離党->政界再編へ...となれば最高なんですが。
ヽ(´ー`)ノバンザーイ

そうこうしているうちに続報が・・・
なぜ今、参政権法案?与野党に波紋、暗躍する推進派 党議拘束外しで急進展も

 民主党の山岡賢次国対委員長が6日、永住外国人への地方参政権付与法案を今国会に提出する方針を突然打ち上げたことに波紋が広がっている。地方参政権付与は国民主権にかかわる重大事だが、民主党は党内意見の集約を終えておらず、衆院選マニフェスト(政権公約)にも載せなかった。それだけに民主党では慎重派がさっそく反発しており、「寝耳に水だ」(幹部)と否定的な声も強い。だが、小沢一郎幹事長が賛成派である上、もし与野党が党議拘束を外して採決すれば、法案が成立してしまう恐れもある。

 「今国会に法案を出して継続審議にしておけば、来年の通常国会の早い時期に成立できる。告知期間を置いても平成23年の統一地方選挙に間に合う」

 民主党のある推進派は、山岡氏の方針を聞き、こんな胸算用を披露した。

 地方参政権付与をめぐっては、鳩山由紀夫首相が5日の衆院予算委員会で「前向きに考えている」と表明した一方、「民主党内に多くの意見があるのも事実だ。強引に押し通そうと思っていない」と党内対立の存在を認めた。

 それだけに山岡氏の発言は唐突感が否めないが、伏線はあった。

 参政権付与派の「在日韓国人をはじめとする永住外国人住民法的地位向上推進議連」の事務局長を務める川上義博参院議員は4日、小沢氏と会い、「地方にかかわる話だから議員立法で準備を進めたい」と進言していた。審議に時間がかかる政府提出法案よりも、議員立法の方が事が運びやすいと踏んだからだ。

 好感触を得た川上氏は5日に山岡氏と会い、議員立法構想を伝えた。これが「今国会提出」という勇み足にも見える発言につながったとみられる。

 参政権付与をかねて求めてきた在日本大韓民国民団(民団)に属する在日韓国人は、民主党議員を先の衆院選で支援し、両者の距離は確実に縮まっている。9月11日には民団メンバーが小沢氏に直接、地方参政権付与を要請している。

 一方、山岡氏の発言を「国会会期延長の大義名分づくりだ」(民主党幹部)と見る向きもある。

 今月30日までの会期では、国民新党が固執する郵政株式売却凍結法案も成立が困難との見方が強い。首相官邸サイドは郵政法案の会期内成立にこだわっていないとされるが、そうなれば国民新党との衝突も予想される。これを回避したい山岡氏が、重要法案を増やすことで官邸サイドに会期延長をのませる呼び水に使った-というわけだ。

 だが、民主党の慎重派議員は「冗談じゃない。少なくとも20、30人は猛烈に反対する」「左翼政党と見られるデメリットの方が大きい」など参政権付与法案にさっそく反発している。

 みんなの党の渡辺喜美代表も「参政権を行使したいなら日本人になってほしい」と反対を表明。自民党の大島理森幹事長は「(国民)主権にかかわる問題だから党議拘束なしには抵抗感を持つ」と慎重な考えを示した。

http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/
091106/stt0911062212011-n1.htm

他の目的があって会期延長するための口実として外国人参政権付与法案を提出ですか!ほんの火遊びのつもりが、全焼ってことも大いにあり得ると思います。
ヽ(´ー`)ノ

それにしても山岡川上、このお二方の出自が気になります。どうも純粋な日本人とは到底思えません!姓名をコロコロ変えたり、韓国・北朝鮮問題に関わり過ぎなのです。ホントどこの国の国会議員なのでしょうか!
(゚⊿゚)イラネ

外国人参政権付与問題は国家の根幹にかかわる問題なので、憲法問題等をクリアしなければなりません。法案停止や例え法案が成立したとしても公布停止などの処分を司法を通して行うことになる(できる)そうです。従って、この法案はそう簡単には行きません。

民主党の決定的な内部崩壊の始まりとなるのであれば、どうぞやれるものなら法案を提出してみてください。まずは国民新党が連立から離脱、そして鳩山内閣崩壊でしょうか。
( ´Д`)ノ~バイバイ タイホー
PR


  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
売国極まりない外国人生活基本法に対する警鐘動画であります。
http://www.hiranuma.org/new/message/message20091109.html

拝啓 管理人さん
ザパニーズなりすまし日本人を増やす在日外国人参政権付与に断固 反対致します。

付随して上記URL代議士 平沼赳夫公式サイトの動画から売国極まりない民主党の推進する外国人生活基本法に対する警鐘がございます。

是非とも御覧下さい。
m(_ _)m取り急ぎお知らせ致します。
乱文にて 敬具
  • (^o^)風顛老人爺 さん |
  • URL |
  • 2009/11/11 (14:55) |
  • Edit |
  • 返信
TRACKBACK

TrackbackURL

日本人が知ってはならない歴史 2
前回の記事、「日本人が知ってはならない歴史 1」で紹介した動画に加え、 若狹和朋氏による歴史の真実が語られている他の動画を紹介しよう。
迫りくる外国人参政権
民主党が国民を騙して、意図的にマニュフェストに記載しなかった多くの売国政策の内、「外国人への地方参政権付与法案(憲法違反の政策)」が、民主党の山岡賢次国対委員長により、議員立法として国会に提出されようとしている。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
AdSense
ブログランキング
最新コメント
最新トラックバック
(09/28)
(09/26)
(09/24)
(09/20)
(09/10)
バーコード
ブログ内検索
タグクラウド
カウンター
Copyright ©  -- アンチ特亜ブログ! --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]