忍者ブログ

極東アジアの政治・経済・外交・安全保障および歴史に関するブログです。

   


×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

高市議員の外国人参政権に関する質問。防衛大臣が民団とズブズブなことが判明・・・

高市氏「(移民の)国防に対する影響は?」民主党北沢防衛相「民団の方と話したが、危険性はない」
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/news/1265702666/

鳩山氏「(外国人参政権により)国益につながる議論もある」
高市氏「地方であっても国益に関係ある。では何故地方参政権は良い?」
鳩山氏「だから議論をすべき」高市氏「既に地方でも国益に関する例がある。原発の誘致など」
高市氏「中国からの多大な移民があり、中国の国防の影響下にある。日本の防衛に対する影響は?」

北沢氏 「 衆 院 選 で 民 団 の 方 と 話 し た が、危 険 性 は な い 」

高市氏「防衛大臣がそれでは国防が不安だ。」

衆議院TVより。
http://www.shugiintv.go.jp/jp/wmpdyna.asx?deli_id=40152&media_type=wb&lang=j&spkid=19607&time=07:01:22.8
7:54~:高市の外国人参政権に関する質問。
43:26~:高市の北沢に対する質問。

YouTubeより。
外国人参政権質疑 高市 早苗(自由民主党・改革クラブ)
其ノ壱:http://www.youtube.com/watch?v=xB0h2BKww_k 7:57~:高市氏の外国人参政権に関する質問。
其ノ弐:http://www.youtube.com/watch?v=0MU4NRxdQ1M
其ノ参:http://www.youtube.com/watch?v=2dxgmro08z8
其ノ肆:http://www.youtube.com/watch?v=VJff-h9EseU
其ノ伍:http://www.youtube.com/watch?v=nHySr6IdZ4o
其ノ陸:http://www.youtube.com/watch?v=GfsGTiw4yXA 2:00~:高市氏の北沢氏に対する質問。
 



防衛大臣がそんな答弁するハズはないと思って動画を見てみたら、言ってますやーん!
\(^o^)/オワタ

何で日本の安全保障を民団の方と話しするの?だろうか。 日本の安全保障や内政問題に外国団体が絡むことがそもそもおかしいのです!

高市早苗氏が提言しているように、「公職選挙法自体を改正し外国人の選挙運動を禁じるべき」です。

民団が民主党を全面的に支援していることは周知の通りです。 民主党の党員には外国人でもなれます。 従って、民団のような力のある組織は民主党を介して日本の内政に影響を与えようとすることは当然でしょう。

そのような政党が政権政党になったのですから、日本の内政問題に外国勢力の影響がモロに出てきています。 外国人参政権法案しかり、人権侵害救済法案しかりです。

民主党は民団などと話す前に日本国籍を有する日本人ともっと議論すべきです。 日本人のおそらく8割以上は外国人に地方参政権を付与することは憲法違反だと思っていますから。

ミンシュ倒産 民主党さん、外国人参政権法案をマニフェストの目玉として明記し、最大の争点として参院選を戦えばいかがでしょうか?

ヽ(´ー`)ノサヨナラ バイコク セイトウ!
PR
 野田佳彦財務副大臣が30日、愛知県豊田市であった民主党支部の会合で、鳩山政権が提案する方針の永住外国人に地方選挙権を付与する法案について、「選挙権がほしいのだったら、帰化すればいい」と発言した。

 同党愛知県第11区総支部の総会後、支部長の古本伸一郎財務政務官との公開の時局討論会で述べた。野田氏は「世論調査をやると、6割の人は外国人に地方選挙権を認めてもいいと言うが、それに対する厳しいリアクションもある。党内でも(賛否は)半々だ」としたうえで、自らの立場については、「明確に反対だ。外国人が、帰化の手続きを簡略にできるようにすればいい」と話した。

 政府と民主党は今月11日の首脳会議で、法案を今国会に政府案として提出することで合意。しかし、連立を組む国民新党の亀井静香代表が一貫して反対しているほか、民主党内にも根強い慎重論があり、鳩山由紀夫首相は27日、「簡単な話ではない」と、法案提出の見送りもあり得るとの考えを示していた。

 野田氏は「いま、法案を出して、党内をばらばらにする必要はない。政府提案であっても、議員提案であっても、出すべきではない」と述べた。

http://www.asahi.com/politics/update/
0130/NGY201001300011.html

野田氏が外国人参政権法案に明確に反対の姿勢を示すのは非常に結構なことですが、帰化手続きを簡略化すればよいなど無責任なことは言って貰いたくありません。 しかも、世論調査で6割以上が外国人に地方参政権を付与してもよいとは、誤情報の垂れ流しも甚だしい!

世論の少なくとも7割以上は反対しているハズです。 産経の世論調査では9割以上が反対しているとの結果も出ています。 私の周囲でもほぼ全員が反対です!

これほどまでに世論の多くが反対し、また強く反対しているにも拘わらず党利党略・私利私欲のために国益無視・世論無視で法案を通そうとしているから大きな問題になっているのです。 十分に議論もされず、党内の意見集約も行われず、ましてマニフェストへの記載を見送られた案件なのです。

中国や韓国へ行って外国人参政権法案を必ず成立させるなどと口走ること自体、何を意図しているか明白です。 売国奴だと非難されても仕方ないでしょう。

外国人参政権法案に反対するなら、特別永住許可廃止の問題提起もしていただきたい。 「ゴネる子はお餅を一つ余計に貰える」ではなく「ゴネる子は持っているお餅も取り上げられる」でなくてはならないのではないでしょうか。

ヽ(´ー`)ノ野田・前原は民主党割ってください!
 今回のテーマ「外国人参政権」について、26日までに2万4869人(男性1万8710人、女性6159人)から回答がありました。「参政権付与は憲法違反と思う」「参政権は国籍取得が前提」は9割を超えました。

 (1)参政権付与は憲法違反と思うか

 YES→97%、NO→3%

 (2)納税は参政権の根拠になると思うか

 YES→4%、NO→96%

 (3)参政権は国籍取得が前提と思うか

 YES→97%、NO→3%

      ◇

  ◯国益を考えるべきだ

 東京・男性会社員(30)「日本の将来を日本人が決めるという考えは当たり前ではないか。地方は国を構成する上で重要。地方参政権を外国人に認めるのは日本の主権を脅かすことにつながる」

 青森・男性医師(40)「納税を理由に参政権を与えている国はないと聞く。在日特権や外国人の登録に関する問題などの法律を改正せず参政権だけを与えるのは、日本人にとって不利益しか生じない」

 広島・男性医師(57)「民主党は日本を捨てる気か。どの国でも国籍を持たない限り、選挙権はない。外国人が選出されればその議員の国策に同調し日本の意見はなくなる」

 オーストラリア在住・男性会社員(46)「国籍のない居住者に参政権を与えている国はほとんどないのに、なぜ日本が税金を払っているだけで参政権を与えなくてはいけないのか理解できない。参政権が欲しければ帰化するなど、その国の国籍を取得すべきだ」

 静岡・男性アルバイト(59)「日本への内政干渉の可能性が出てくる外国人地方参政権は、日本の国益を守る立場から絶対に与えてはいけない。鳩山民主党は、もっと国益を考えて行動してほしい」

 福岡・男性会社員(53)「無条件に外国人に永住を認めるのは、いかがなものか。帰化するのかどうか本人の決意を確認すべきだ」

 東京・男性会社員(51)「所得税や住民税は参政権の対価ではない。税金を払っているから参政権を、というのは議論のすり替えだ」

 ●国際的に孤立する

 福井・男性会社員(21)「参政権を認め、日本をグローバルな国にすべきだ」

 広島・男性会社員(48)「頭ごなしに否定はしない。しかし、日本への忠誠心や言葉の審査などハードルは上げる必要がある」

 愛知・男性無職(78)「日本には異民族を排除する考え方がまだまだ強い。このままでは国際的にも孤立していくだろう」

 神奈川・女性アルバイト(20)「たくさんの外国人が日本に定住している以上、地方自治体の運営にかかわるのは当然だ」

 京都・主婦(47)「海外に長期間住んでいたとき、地方選挙の選挙権を与えられた。その国に住み税金を払っているならば、税金の使われ方に対して意見を言う権利があるのは当然。日本人は税金の使われ方に対する意識が低すぎると思う」

      ◇

 【外国人参政権付与】 論議されているのは、永住外国人に地方参政権を付与するという案。ただ、憲法では「公務員の選任、罷免は国民固有の権利」と規定している。国籍のない者に認めることは憲法に抵触する恐れもあるが、専門家でも意見が分かれている。海外をみると、韓国は一部の外国人に地方参政権を付与、中国や北朝鮮は認めていない。ヨーロッパの一部は「相互主義」で認めているが世界的には少数派、アメリカはグリーンカード(永住権)があっても認めていない。

http://sankei.jp.msn.com/life/lifestyle/
100128/sty1001281848004-n1.htm

まぁ、割り引いて考えても普通の日本人なら7~8割方はそう思っているでしょう!!
ヽ(´ー`)ノホラ ミテミィ!

亀井氏、外国人参政権法案は「今国会に提出できない」
亀井氏は「帰化要件を緩和すればいい。(参政権を得るには)帰化し(日本国民として)同化していく方法を選ぶべきで、同化しないで権利だけ付与すると民族間の対立を生んでいく危険性がある」と指摘した。


毎回言ってますが、帰化要件を緩和する必要すらないでしょ! 別に日本がお願いして帰化して貰うのじゃないのですから。 一国の国籍を得ると言うことは非常に重いことなのです。 日本は今まで通り厳粛な帰化審査をし、日本国籍を得るにふさわしい方々に許可するば良いだけのことです。 それでも、毎年何万人もの方々に日本国籍を与えております。

======================================

「外国人参政権に反対する会」の代表の村田春樹さんの演説

・日本国憲法一五条には「選挙権を有するのは日本国民である」とハッキリ書いてある。外国人に選挙権をよこせという裁判で、最高裁は平成七年二月二十八日に明快に否定している。さらに京都と福井でも在日韓国人が裁判を起こして、二回とも最高裁に棄却されている。つまり通算して外国人参政権は三回、最高裁判所で棄却されているんですよ。

・いいですか皆さん、民団は韓国に行って、「韓国に住む永住権を持つ外国人に選挙権を与えて下さい」というお願いをしたんですよ。すると韓国の国会は「ふざけんな、憲法第一条にも書いてあるとおり、選挙権は大韓民国国民がもつ神聖な権利である」として全員一致で否決されたんですよ。

・ところが民団は「ちょっと待ってくれ、韓国にいる日本人に選挙権が与えられると、日本列島にいる韓国人が選挙権を持つことに大きな前進になるんだ。この法案さえ通れば日本は韓国の、ソウルの思い通りになりますよ」とハッキリ国会の委員会で答弁しているんですよ、皆さん。

・そしてその次の本会議では全員一致でこの法案は可決されたんですよ。どういう事がわかりますか。明らかに日本を外国の、韓国の勢力下に置こうとしているか、その意図がミエミエなんですよ皆さん。

・話は変わりますけど、北方領土も尖閣も竹島も明白な国家主権の侵害ですよね、皆さん。外国の工作員が国内に入ってきて日本人の女・子どもを拉致していく、重大な国家主権の侵害ですよね。ところが皆さんね、いま拉致の集会に行って下さいよ、閑古鳥が鳴いてますよ。北方領土の集会でも閑古鳥が鳴いてます。日本人は国家主権を侵害されて平気なんですよ。

・そしてさらに皆さん、領土も拉致も向こうから仕掛けてきたことでしょう。今度は自分たちから、自分たちの国家主権を侵害して下さいといっているんですよ。それが外国人参政権ですよ、そうじゃないですか?

・人類三千年、四千年の歴史の中で、「自分の国の国家主家を(外国に)与えましょう」そう言う政治家がいる国がありますか、皆さん。ありませんよ!人類史上はじめて日本の政治家は我が国の国家主権を他の国に渡そうとしているんですよ、まさに「売国奴」とはこのことじゃないですか!

・皆さんね、断固として外国人参政権を阻止しましょうよ。こんな事を認めたらね、世界中の笑いものになりますよ。人類の何万年の歴史の中の笑いものになります。かって日本という国があって、日本人は自ら他の国に主権を譲り渡して滅んでいった、極めて奇特な民族だ、と歴史に残りますよ!。是非、皆さんね、この外国人参政権を阻止していこうじゃありませんか。よろしくお願いします。

======================================


ハッキリ言って民団とその構成員だけです。 憲法違反の参政権をよこせと言っているのは! 在日の知り合いですら、日本国籍を取得すれば済む問題だと言ってました。

民団からの組織的選挙応援とのバーターで参政権付与を推進する民主党の議員らは、本来であれば当選してはいけない方達なのです。 国益を考えず私利私欲のために選挙を戦っているのですから。

外国人参政権反対の自民議連再開
出席者からは、昨年の衆院選で、民主党が在日本大韓民国民団(民団)から選挙運動の支援を受けていたとの指摘が出され、「公職選挙法自体を改正し外国人の選挙運動を禁じるべきだ」(高市早苗元少子化担当相)との意見も出た。


マスコミは外国人参政権問題をもっと大きく取り上げ、日本人にとってそのデメリット(メリットなし)を周知させるべきです。 参政権問題の前に化石化している特別永住許可を廃止すべし!

ヽ(´ー`)ノサンセイケン ハンタイ
 千葉県市川市議会は、永住外国人の地方参政権付与に反対する意見書の採択を求めた陳情を20日、本会議で棄却した。出席議員36人のうち、賛成に回った議員はゼロ。付与反対を表明していた自民と民主の4人は退出、票決には加わらなかった。議案は19日の総務委員会で採択されていた。

 この日の本会議では付与に消極的な姿勢の議員が、「地方といえども明確に憲法違反」との立場を表明。これに対して、公明党と無所属の両会派議員は、「市川市議会はすでに地方参政権付与を求める意見書を採択している」「これまでにも国会で法案が上程されてきたが、憲法違反であれば、内閣法制局が認めるはずがない」と主張した。

 わずか1日で形勢が逆転した裏には、民団市川支部(朴健市支団長)の果敢な働きかけがあった。同支部役員は、民団中央本部の呂健二運動本部長代行と連携をとり、各議員を訪ねて歩き、陳情趣旨の不当性を説いて回った。これを受けて鈴木啓一(自民党)、戸村節子(公明党)の両議員がいち早く動き、各会派所属議員に「市川市議会で通したら恥」と、棄却に向けた説得工作を展開した。

 本会議当日は、民団と市民団体の関係者10人余りが傍聴に詰めかけた。これが最後の決め手となった。陳情書採択に反対していた議員の一人は、「最後は皆さんがたの傍聴が大きな力になった」と語った。

 朝日新聞の調査によれば、昨年の政権交代以降、47都道府県のうち、14県議会が永住外国人の地方参政権の付与法制化に反対する意見書を可決してきた。このうち、7県はかつて、賛成の意見書を可決している。千葉県議会でも昨年12月22日、反対の意見書を可決した。

http://www.mindan.org//shinbun
/news_t_view.php?category=13&page=21

参政権がなくてもコレですから、参政権を得たなら・・・
ヽ(´ー`)ノあーぁ!

外国人参政権って基地外に刃物ですな。 与えると・・・
((((;゚Д゚))))

引用ここから==============================

◎韓国政府は2012年から次の2点を施行すると既に国会で正式決定している(公職選挙法、住民投票法などを改正済み)

①韓国政府は、2012年から在日韓国人に韓国の選挙権を与える
②韓国政府は、2012年から在日韓国人に兵役の義務を課す

日本と韓国の双方になんら義務を果たしてこなかった在日韓国人の不当な特権は、まず韓国側から否定され、2012年以降は普通の韓国人と同じになっていくわけである。

そこで、民団は日本での既得権益【特別永住資格・税の優遇・再入国保障】を死守するために焦っており、日本の政治に介入するべく狂奔、突如、参政権を要求しだした。

また日本のメディアに在日マネーを注入して「ニセ韓流ブーム」を躍起になって捏造し出した。

在日韓国人に韓国の選挙権が2012年から与えられるのに、日本でも選挙権をよこせと要求するのは、「二重取り」であり、虫が良すぎる要求なのは自明である。日本国憲法の違反でもある。

2012年以降は在日韓国人の日本帰化が激増する可能性がある。戦後、在日韓国人からの上がりを搾取してきた民団は焦っており、組織維持のため在日韓国人の日本帰化を阻止しようと狂奔しているのだ。

日本に居て様々な特権を日本政府から与えられながら、「日本帰化は永久に許さない」という政治団体が、民団である。
この民団の矛盾したエゴが「外国人参政権」の本質である。従って、民団だけがこんなバカな要求している。

外国人参政権は、民団が在日韓国人の帰化を阻止し、民団を維持し、在日韓国人をこれからも搾取するための手段でしかない。

一方、民主党の外国人参政権の法案の骨子は、新聞紙上で明らかになっているように、「国交のある国の国籍をもつ外国人にだけ選挙権を与える」法案なのだ。

在日韓国人には選挙権を与えるが、在日(北)朝鮮人には与えない法案なのである。 つまり「納税しているから外人に選挙権は当然」「多民族社会実現のために選挙権は当然」・・・という民主党の偉そうな理屈は、真っ赤な大ウソなのである。

要は民主党は民団の組織票が欲しい・小沢は民団からの金(パチンコ・サラ金マネー)が欲しい・・・が本当の理由だ!

引用ここまで==============================


居候として肩身を狭くして暮らせば良いものを徒党を組んで利益拡大、権利主張を臆面もなくやる。 不心得者の日本人が国益・民意を無視して自己利益(党利党略)のためだけに迎合する。 前者が在日と民団、後者は民主党や公明党などの売国政党。

しかも民団離れを阻止するための外国人参政権付与問題だとすれば、これほど国益・民意を無視した馬鹿げた話はありません! 幸い、「政治と金」の問題で小沢氏は起訴(失脚)間近、来年度予算と普天間問題で死に体の鳩山内閣はもうすぐ本物の死体へ。 余程のことがない限り、今国会中の外国人参政権法案の提出はないことでしょう。 しかし、二度とこの法案が浮上することのないように推進派議員らをこの際徹底的に叩いておくべきです。

自民党等の保守政党は、次の参院選で民主党が勝てば外国人参政権法案はすぐ成立してしまうことを強くアピールする戦略を取って貰いたいです。 参院選では外国人参政権法案を争点として戦えということです。 そして、政界再編へ!

ヽ(´ー`)ノドウジツ センキョ イイヨー!
 鳩山内閣が進める永住外国人に対する地方参政権をめぐる問題で、石原慎太郎東京都知事や上田清司埼玉県知事、松沢成文神奈川県知事、森田健作千葉県知事ら首都圏の知事が相次いで外国人参政権の付与に反対や疑義を表明している。全国都道府県議会議長会も反対の立場から特別決議を採択。閣内、党内がまとまらず、国家の主権・独立を脅かしかねない重大問題を十分な議論なしに進めようとする政権への異議申し立てが広がっている。

 石原知事は今月15日の記者会見で外国人参政権付与について「絶対反対。発想そのものがおかしい」と批判した。地方に限って参政権を認めるといっても、地方政治が国家の問題とつながっている案件はたくさんある。わが国と他国の間に軋轢(あつれき)が生じた場合、永住者を政治利用し、国民の意思決定が脅かされる恐れもあるだけに「危ない試み」と憂えている。

 千葉県の森田知事も14日の記者会見で「国籍を持って投票すべきだというのが私の考えだ」と述べた。

 民主党系の知事からも批判や注文が相次ぐ。神奈川県の松沢知事は「国民の主権をいじる問題で一方的に国会で決めていいのか」。埼玉県の上田知事も反対の立場を表明。「ナーバスな問題。国家の基本の話は1回の国会の多数決で片づける話ではない」とし、「基地問題など外交、安全にかかわる話が市長選のテーマになることもある。国の運命を左右する話には、日本国籍を持った人が投票すべきだ」と語った。


 都道府県議会でも反対の動きは広がっている。全国都道府県議会議長会は21日、「民主主義の根幹にかかわる問題で、拙速に法案提出や審議されるべき案件ではない」とする特別決議を採択。ある議長は「党利党略のにおいがする」と話し、在日本大韓民国民団(民団)の選挙支援の見返りに、国の主権や独立を売り渡しかねない今の状況に警鐘を鳴らした。

 かつて都道府県議会では34、市町村では1200を超える議会が、参政権付与に賛成する立場から意見書や決議を採択したが、鳩山政権発足後、参政権付与が現実味を増すにつれて危機感が拡大。昨年10月に熊本県で反対決議が採択され、12月には茨城、香川、石川、島根、埼玉、大分、長崎、佐賀、秋田、新潟、富山、山形、千葉の14県議会で次々と採択された。

 これまで賛成していた茨城や千葉、石川、富山、島根、佐賀、長崎、大分の8県が昨年の政権発足後に反対決議に転じ、都道府県で賛否逆転の可能性も出ている。

http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/
100127/plc1001270859008-n1.htm

地方外国人地方参政権反対!
ヽ(´ー`)ノハンターイ

十分な議論を尽くし、憲法を改正してから外国人参政権法案を出すのが筋。 その場合、特別永住許可なる時代錯誤も甚だしい逆差別特権は完全廃止して然るべきです。

外国人地方参政権付与について、詳細を知れば知るほど賛成から反対へ回る傾向にあるそうです。 当たり前と言えば当たり前なのですが、日本人にとって何らメリットのないことを外国人に新たな権利として与えるのですから、デメリット・リスクだらけ! そりゃ反対するでしょ。
ヽ(´ー`)ノベンキョウ シロ!

母国が一党独裁で参政権すらない、母国が南北に未だ分断状態で(政治的にも)不安定な状態。 日本で憲法違反の参政権を求めるより、母国の民主化や統一を先にやって貰わなければお話にならんと思っているのは私だけでしょうか。
ヽ(´ー`)ノトクア! トクア!

外国人参政権法案、選挙の争点とし国民に信を問うか、国民投票で白黒ハッキリつけようじゃありませんか。 姑息な手段で重要法案をこそっと通そうとする根性が許せないのです!
ヽ(´ー`)ノドウドウト ショウブシロ!

  
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
AdSense
ブログランキング
最新コメント
最新トラックバック
(09/28)
(09/26)
(09/24)
(09/20)
(09/10)
バーコード
ブログ内検索
タグクラウド
カウンター
Copyright ©  -- アンチ特亜ブログ! --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]