忍者ブログ

極東アジアの政治・経済・外交・安全保障および歴史に関するブログです。

   


×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 韓国政府が日韓関係の改善を模索し始めた。今月末からブルネイで開かれる東南アジア諸国連合(ASEAN)の一連の閣僚会議で、日本側から提案があれば外相会談を前向きに検討する方針だ。韓国政府関係者が12日、明らかにした。実現すれば、2月の朴槿恵(パク・クネ)政権発足後、初めてとなる。ただ、日本側が歴史問題で新たな「問題発言」をしないことが前提条件で、日本側の対応を注視している。

 韓国政府は、4月の麻生太郎副総理兼財務相らの靖国神社参拝を受け、尹炳世(ユン・ビョンセ)外相の訪日を中止。

 しかし、5月の飯島勲内閣官房参与の訪朝や、北朝鮮の崔竜海(チェ・リョンヘ)朝鮮人民軍総政治局長の訪中など北朝鮮をめぐる動きが活発化する中で、日本との連携の必要性を訴える意見が政府内に浮上。安倍晋三首相が、日本の過去の植民地支配を謝罪した村山談話を「全体として受け継いでいく」などと述べたことも評価している模様だ。

 まだ日本側から連絡はないが、日本政府関係者は「官邸から指示は来ていないが、呼び掛けるのは自然なこと」と意欲を示す。

 5月に米国のデービース北朝鮮担当特別代表がアジアを歴訪した際、韓国は日米韓の6カ国協議首席代表者会合を歴史問題を理由に拒否。しかし、5月28日に決定した政権の「国政課題」には、政権発足時には無かった「日米韓」協力が、「米中韓」より前に明記された。日韓外交筋は「対日関係改善の布石」と見ている。

http://mainichi.jp/select/news/20130613k0000m030093000c.html?inb=ra

さすが金を借りている方が貸している方よりエラそうな態度をとる下の国!

何が「日本側から提案があれば」だ! 構って欲しければオマエらから提案しろってか!? あほらしい。

おまけに、「日本側が歴史問題で新たな「問題発言」をしないことが前提条件」などと戯けたことを!

>日本政府関係者は「官邸から指示は来ていないが、呼び掛けるのは自然なこと」と意欲を示す

この政府関係者って誰や! 呼び掛けるのは極めて不自然、下衆の極みと言うべきである!

まず、仏像と竹島を取り戻せ! 話はそれからや!

この際、日韓間の懸案はまとめて解決しろ! それが原因で断交にでもなれば棚からぼた餅ではないか!

問題解決能力がなく同じ過ちを何度も繰り返す日本外交! そろそろ悟れ!

え、これ侮日新聞のいつもの変態記事!? なーんだそうだったのか! ヽ(´ー`)ノ
 

PR

 聯合ニュースは20日、韓国の朴槿恵大統領が5月上旬に米国を訪問した後、中国を訪れる方向で中韓両国が日程調整に入ったと報じた。朴氏自身も19日夜、与党議員らとの夕食の席で、訪中計画に言及したという。

 韓国の歴代大統領は就任後、米国の次に日本を訪問することが慣例となってきたが、朴氏は対中外交を重視する姿勢を示し、米国に続く2番目の訪問国に中国を選ぶとの見方が強まっている。

 聯合ニュースは、日韓当局も首脳会談開催へ向けた実務的な準備作業を始めたと伝えた。ただ、韓国の尹炳世外相は24日に訪中し王毅外相と会談する予定で、中韓が首脳会談の日程を早期に固める可能性もあるとみられる。

http://sankei.jp.msn.com/world/news/130420/kor13042019330003-n1.htm

訪日するなら仏像を持ってくるのを忘れずに! お礼に竹島のICJ提訴で如何? 離日の際には在チョンをお土産にお引き取りを! ヽ(´ー`)ノ

就任早々に組閣に手間取り、北からはやりたい放題の挑発を受け、開城は稼働停止中! 低支持率のその上に円安パズーカを喰らって経済破綻へカウントダウン! しかし、相も変わらずの反日国家!

そんな韓国が訪米し、次に訪中しようがどうであれ日本にとってはどうでもいいって感じでしょうか。 半島は無視しして放置し、下手に関わらないことが日本の国益!

今の嫌韓・反韓感情が真っ盛りの時は両国間にある懸案事項を整理整頓する絶好の機会です。

トドメには売国談話を全面否定する親談話を! ヽ(´ー`)ノ

 政府は21日、来月25日に予定されている韓国大統領就任式について、安倍晋三首相の出席をとりやめる方針を固めた。韓国政府が外国の賓客招待は駐韓大使を原則とすると発表したため。首相は就任直後の4日に自民党の額賀福志郎元財務相を朴槿恵次期大統領への特使として派遣。自身も就任式に出席する方向で調整していた。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130121/plc13012120560010-n1.htm

理由がどうであれ安倍首相が朴槿恵韓国大統領就任式への出席をとりやめることはいいことだ!

安倍政権は積極的に日韓関係修復に努力してきたようですが、どうやら朴新政権は打てども響かず、それどころか「中国にすり寄り、日本にクギ刺す韓国」!! ヽ(´ー`)ノ

韓国は新政権になろうがどうであれ、歴史問題では中国と共闘する。 そのような隣国に対し友好的アプローチは機能するわけもなく、逆につけ上がらせるだけがオチである。 それならばむしろ反日敵性国家としてそれなりに扱うのが適当であり、国民はそれを支持するだろう。

さて、ちょうど一ヶ月後控える「竹島の日(2月22日)」式典、大統領就任式への出席をとりやめるのであれば、竹島の日式典には是非とも出席して頂きたい! そして、竹島問題のICJへの共同提訴に応じるよう繰り返し強く迫るべきであり、その先には単独提訴も辞さずとする姿勢を改めて明確に示しておくべきである! ヽ(´ー`)ノ

 日本政府は、島根県・竹島の領有権問題をめぐる国際司法裁判所(ICJ)への単独提訴を当面、行わない方針を固めた。

 安倍首相は、韓国の朴槿恵(パククネ)次期大統領との間で日韓関係の改善を目指しており、韓国の反発が予想される単独提訴は得策でないと判断した。

 政府は、2012年8月10日の李明博(イミョンバク)大統領による竹島上陸を受け、対抗措置の一環として、日韓両国によるICJへの共同付託を提案したが、韓国が拒否したため、単独提訴を目指して準備を進めてきた。

 安倍政権としては、ICJでの決着が望ましいとの立場は変えないものの、単独提訴は先送りし、韓国の対応を見極める方針だ。

 安倍首相は、民主主義や市場経済など価値観を共有する韓国との関係を重視している。2月25日に予定されている大統領就任式に合わせて訪韓し、日韓首脳会談を行い、関係改善を進めたい考えだ。関係を改善することで、沖縄県の尖閣諸島をめぐり圧力を強める中国をけん制する狙いもある。

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20130109-OYT1T00689.htm

日韓両国とも新政権に変わり、ハネムーン期間と言うことでしょう。 ヽ(´ー`)ノ

ちょうどハネムーン期間が終わる頃に日本では参院選があります。 参院選で結果を残せば、翌月に迫るのが終戦記念日。 安倍首相はじめ閣僚・議員等は靖国参拝をどうするのでしょうかね!?

対中韓であまりにも弱腰であれば国民の支持が得られないのは民主党政権で証明済み!

参院選までにもっと円安に戻して、経済で中韓にプレッシャーを強くするのも一考。

残念ですが、参院選が終わるまでは外交に関しては何も動かないようですね。 ヽ(´ー`)ノ

 韓国での朴(パク)槿恵(クネ)政権のスタートを前に、日本と中国がソウルで外交戦を展開している。日本が先週、額賀福志郎・日韓議連幹事長(元財務相)を安倍晋三首相の特使として派遣したのに続き、中国も9日、張志軍・外務次官を特使としてソウルに送り込む。

 日中とも韓国の新政権を自らに有利に取り込もうと懸命だが、韓国はこのところ中国への傾斜が目立ち、日本にとっては厳しい状況になっている。

 「日本より中国」を物語る象徴的な場面は、朴槿恵氏の大統領当選直後の各国大使との面談。過去、歴代の当選者は米国大使の次には必ず日本大使に会ってきたが、今回、初めて中国大使が2番目になり、日本大使は3番目に“格下げ”となった。

 経済力をはじめこの地域での中国の存在感が大きくなった結果とはいえ、初めてのことだけに日本にとってショックだ。「当選祝いの花輪とメッセージを届けたのは日本が1番だったのに」(日本大使館筋)「韓国で日本が中国の後塵(こうじん)を拝するのは19世紀末の日清戦争前以来ではないか」(ソウルの外交筋)との声さえ聞かれる。

 靖国神社放火の中国人容疑者引き渡し問題でも、韓国は日本の引き渡し要請を拒否し中国に送還した。法治主義を無視し「反日無罪」の立場で中国の主張をそのまま受け入れたのだ。「日本への配慮より中国への配慮が優先した結果」(同)である。

「日本に文句を言われても大したことはないが、中国を怒らせると実害があるとの判断からだろう。裁判所の決定であっても最近の韓国の対日、対中意識を反映しているとみて間違いない」(同)という。

 韓国ではこれまで公式、非公式を問わず主要国の名前に触れる場合は必ず「米国、日本、中国、ロシア…」の順だったが、最近は「米、中、日…」になる場合が多い。以前はよく耳にした「伝統的な友邦、日本…」という言葉もほとんど聞かれなくなった。

 この傾向は中国の経済規模が日本を追い抜いた一昨年あたりから強まった。代わってメディアや識者の議論でしきりに登場するのが「G2」。世界を率いるのは「米国と中国の2大国」という意味だが、国際的にはそれほど一般化していないのに、韓国では国際情勢を語るときの“合言葉”になっている。

 今回、特使受け入れでは日本が先んじたかたちだが、今後の日程では2月25日の大統領就任式の際の“祝賀外交”や、新大統領が東京と北京のどちらをまず訪問するかが関心を集めている。過去、日本より先に中国を訪問した新大統領はいない。

http://sankei.jp.msn.com/world/news/130108/kor13010822180010-n1.htm

日中間で韓国の奪い合い? あほらしいの一言ですな! ( ´Д`)=3

韓国はババ抜きのババ!  今まで日本の手中にあったババが、今まさに中国の手に移ろうとしているところです。 ヽ(´ー`)ノ

歴史的に見ても韓国は日中(露)間を彷徨うババのようなもので、時々に事大先を変え生き残りを図ります。 しかし、事大先には「彼の国の法則」が発動されエライ目(=負ける)に逢うことが証明されています! ババがババたる所以はその辺にあるのでしょう。 ( ´,_ゝ`)プッ

ババの扱いは中国に任せるに限ります。 ババをババとして扱えない日本はそもそも論外です! ヽ(´ー`)ノ

中韓接近で米韓関係が微妙になることは必至ですな。 日本の鳩山政権を思い起こせばすぐ理解できるかと思います。 日本は薄ら笑いを浮かべてその様子を生暖かく見守ることにしましょう。

中韓間にも領土問題もあれば歴史問題も多々あります。 おまけに北朝鮮も絡んでくるので相当複雑化することでしょう。

日本は新政権になってから特使など派遣せず、無視して相手にせずの態度を取るべきでした。 そして、竹島問題ではできる限り早い機会にICJへ単独提訴に踏み切るべきであることは明々白々だと思われます。

ババと言えば韓国、韓国と言えば朴槿恵、朴槿恵はババァ! 完成ですな! ヽ(´ー`)ノ

  
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
AdSense
ブログランキング
最新コメント
最新トラックバック
(09/28)
(09/26)
(09/24)
(09/20)
(09/10)
バーコード
ブログ内検索
タグクラウド
カウンター
Copyright ©  -- アンチ特亜ブログ! --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]