忍者ブログ

極東アジアの政治・経済・外交・安全保障および歴史に関するブログです。

   


×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ファンのみなさま
関係者各位
平成24年5月16日
株式会社よしもとクリエイティブ・エージェンシー

河本準一に関する一部報道について

現在、弊社所属タレントの「河本準一」に関し、河本の親族が生活保護費の不正受給を受けているかのような週刊誌の記事やインターネット上の風説が流布されており、これについて、世耕弘成、片山さつき両参議院議員が問題視しているなどの報道がございます。

弊社としては、河本の親族が生活保護費の受給を受けているという重大なプライバシー情報が報道されていること自体、重大な人権侵害であると考えており、河本の親族の生活状況や河本の収入の状況、親族への扶養の内容等の詳細な事情についての説明は、ご容赦いただきたいものと考えております。

しかしながら、河本本人の収入については一説に述べられているような高額なものではなく、時期によって大きく上下しております。また、様々な事情から生活の援助を行わなければならない親族が複数いるなかで、浮き沈みの激しい業界に身を置きつつ、親族全員に対して将来にわたっても安定的な援助を行えるかどうか、見通しが非常に難しかったという事情もございます。生活保護費の支給については、河本が無名の時代に開始されたものでありますが、河本本人は、なるべく親族に負担をかけることがないよう、そして、いつかは生活保護に頼ることなく自分の力だけで養っていける状況にできるよう、担当の福祉事務所などとも相談しながら、懸命に努力してまいりました。現在は、生活保護費を受給しておりません。

このような中、一連の報道が始まりました。多くの報道機関はプライバシーに配慮して実名を伏せていたようですが、一部の心ないネット媒体で実名が報じられるに至り、二名の国会議員は、当該ネット記事を前提に河本を名指しで非難し、本件を大きく取り上げるようになりました。国会議員の先生方が、本件を政策論として議論することについて弊社及び河本が申し上げることはございませんが、河本の親族側の事情も十分に確認しないままに実名をもって個人に対する批判的な発言をなさったことについては、非常に悲しいことであると感じております。

本件に関する事情は以上のとおりでありますが、河本本人及びその親族において、生活保護費の不正受給のそしりを受けるような違法行為が存在しないことについては、ここに、あらためてお伝えいたします。

上記のとおり、本件は個人の重大なプライバシー上の問題であり、今回のような発表を強いられる状況におかれていること自体、河本本人においても、河本の親族においても、大きな精神的負担となっていることをご理解いただき、今後、マスコミ各社及び両参議院議員においては、人権に配慮した冷静な対応をいただくことを強く望みます。

今後は、管轄の福祉事務所や両参議院議員にもご説明のうえ、行政からの何らかの指導があるようであれば、これについても適切に対処してまいる所存です。

ファンのみなさま、関係者のみなさまにおかれましては、大変ご心配をおかけしておりますが、今後とも、変わらぬご声援、ご支援を賜りますよう、何卒、よろしくお願い申し上げます。

以上 

http://www.yoshimoto.co.jp/corp/news.html


河本の母親は先月(4月)まで生活保護を不正受給、今月(5月)の受給は辞退。 それを「現在は生活保護費を受給しておりません」と開き直るのは如何なモノか!?

生活保護費の不正受給という犯罪行為を犯しておきながら、プライバシーや人権侵害を持ち出し逆ギレ的コメントを出すのも如何なモノか!?

吉本は企業として最悪の危機管理対応をした。 本来なら、所属タレントである河本を解雇し、全容を明らかにした上で、マネージメントしていた企業として真摯に反省しお詫びするのが筋ではないか!?

この問題が表面化しても、記者会見で釈明するなど何ら適切に対応することなく、公共の電波を使用しているTV番組に出まくる。 全く自覚も反省も微塵もない。 それらに加え、この吉本の開き直りのコメントは、一般人の許容範囲を遙かに越えている。 まるで何かに挑戦し、挑発しているかのようにも思える。

テレビ局ならびに番組スポンサー企業は吉本が真摯な態度で全容を明らかにし、責任ある態度で反省を表すまで、吉本芸人を使うな! 出演させるな!

数千万の年収があるタレントの実母が生活保護受給? それで何らお咎めなし? ふざけるな!

吉本も河本も社会的制裁は免れない。 刑事責任を問われることも当然あり得るだろう! ヽ(´ー`)ノ



 

PR

米菓大手の亀田製菓が、「辛ラーメン」で知られる韓国企業の農心と商品の共同開発や生産技術の提供に乗り出すと日本経済新聞が26日に報じ、ネット掲示板で騒動になっている。

報道を受け、ネット掲示板には「亀田製菓の商品品質が低下するのではないか」など、心配する声が相次いで寄せられた。「辛ラーメン」には異物が混入したとするニュースが報じられた過去もあるため、多くのネットユーザーは食品の安全性が低下することを懸念しているようだ。

また、騒動はネット掲示板だけにとどまらず、亀田製菓の公式ブログにまで及んでいる。公式ブログのコメント欄では「愛国心を傷つけられた」「御社が韓国企業と組むと聞きましたが、残念でなりません」「韓国と連携して何もトクにはならない」と、亀田製菓が韓国企業が提携することに驚きを隠せない人が殺到し、炎上している状態だ。

韓国と提携することに関しては、ネットユーザーの間に根強い抵抗感があるものの、一方で亀田製菓の商品が「好きだ」と訴える声は多く、意外な形で亀田製菓の人気が裏付けられた格好となった。

http://news.livedoor.com/article/detail/6514350/

関連
亀田製菓、韓国食品大手と提携 商品開発や技術供与
 

亀田製菓の「柿の種わさび」は好んで食べていたが、もう買わないだろう。 (T.T)

よりによって幼虫寄生虫入り放射線処理でEU各国では輸入停止中の「辛ラーメン」の「農心」と業務提携するとは! 食品メーカーとしては、食の安全・衛生によからぬ印象を与える最悪の提携先だろう。

東南アジアなど海外売上げを伸ばしたいのは分かるが、それで国内売上げがガタ落ちしたら本末転倒だ。

ネットでは亀田製菓に対して失望の声が殆ど。 これが売上げに影響を及ぼさないわけがない。

「かの国の法則」発動は必至! やばいぞ亀田のあられ! 今からでも遅くないから農心との業務提携は白紙に戻した方がよろしいかと。 ヽ(´ー`)ノ
 

 国民新党は、消費増税関連法案をめぐる内紛で亀井静香前代表らが離党表明し、党所属議員が8人から6人に減る。それでも政党助成法の規定により、2012年分として同党への支給が予定されている約4億円の政党交付金が減額されることはない。

 総務省によると、年4回に分けて支給される政党交付金の申請には、党の法人登記書類を添付しなければならない。国民新党は登記上、「亀井静香代表」のままで、登記を変更するには同氏の押印が必要だ。

 このため、党内には一時、「亀井氏の協力がなければ交付金は受け取れない」との見方が広がった。ただ、総務省は「法人格が付与されていれば、交付されることになる」として、登記上と実際の代表者が異なっていても問題ないと説明している。自見庄三郎新代表が申請すれば、年内に衆院選がない限り、満額支給される見通しだ。

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012040600728


党首であり創始者の一人であった亀井静香氏をあの様な形で追い出した残党6人衆は謂わば軍事政権と同じ!

クーデター軍事政権を正式に連立パートナーと認めている野田豚政権は同じ穴の狢だろう。 すなわち、その正統性が甚だ疑問であると言うことである!

ところで、この4億円もの政党交付金は国民新党を乗っ取った側が独り占めするのだろうか。 離党せざるを得なかった亀井静香、亜紀子には・・・ 分けるわけないわな > 自見&下地 ヽ(´ー`)ノ

本当ならば亀井氏が残り、自見・下地等が離党すればスッキリしていたのにと思うが、政権与党・大臣・政党交付金の全てが欲しかったのだろう。 こんな意地汚い奴等に先なんてあるわけがない!

 「李下に冠を正さず」とは、スモモの木の下で冠を直そうとすると実を盗むのかと疑われるから、嫌疑を受けやすい行為は避けよという意味である。

 真部朗沖縄防衛局長は、宜野湾市長選は重要な選挙だから投票に行きましょう、と「講話」した。それが、特定候補を後押しする意図があったはずだと疑われた

 ▼「政府機関による選挙への介入とも言うべきもので、言語道断である」(毎日)「(防衛省が)組織ぐるみで政治にかかわるようなことは危険きわまりない」(朝日)など袋叩きで、更迭は避けられないという。普天間飛行場の移設問題が重要な局面にある沖縄で、不適切だったのは否めないが、この騒ぎには違和感を覚える

 ▼ならば、と問う。昨年秋の大阪市長選では、公務員である市職労が組織ぐるみで特定候補を応援した。市職労は長年、庁舎内に事務所を置いていた。橋下徹市長が退去を求めて表面化したが、新聞もこうした組合活動を見過ごしてきた。自省を込めて。

http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/120203/waf12020312440015-n1.htm


公務員労組である自治労や日教組が組織的に特定政党を支持するなど政治介入することは問題ないのか? 現実はそれで問題になっていないから適法なんだろうけど... 理解できないが・・

公職選挙法、国家公務員法、地方公務員法などなどに抵触せずか? で、この沖縄局長は自衛隊法に抵触? 自公時代から常態化していたら更迭は見送れる? 分からないことだらけである。

共産党の質疑で急に飛び出してきたこの問題、そして田中防衛大臣自身の素養のなさと問題発言連発で総バッシングされているが、大臣に任命されなければバッシングもなかっただろうに。 同情する。 真紀子の夫だけである意味十分だったろうに.. ヽ(´ー`)ノ

昨日の国会委員会終了時の映像で、田中防衛相が野田総理に完全無視される場面が映っていた。 挨拶したかったのか何か喋りたかったのだろうが、野田は目も合わせようとせず完全無視! 自分が任命しておいて、今さらその冷たい態度は酷いなぁ。 人柄のよさだけが取り柄だと思っていたのに、それさえも...

早くリセットボタンをポーンと押してください! ヽ(´ー`)ノ

昨年は我が国および日本人にとって悪夢のような一年でした。

新たな年を迎え、心機一転、増税マニア野田豚政権打倒! 菅政権下での杜撰な震災対応および犯罪にも等しい原発事故関連の情報隠蔽に鉄拳を!

今年こそは「政治不信」「政治空白」「政治と金」などの問題に終止符を打ち、日本人のための政権による、日本復興へのスタートの年となることを願っております。

まずは早期の解散総選挙を経て政界再編、そして公務員・行政改革を断行して貰わなければなりません! それが今年の最初の一歩です! ヽ(´ー`)ノ



  
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
AdSense
ブログランキング
最新コメント
最新トラックバック
(09/28)
(09/26)
(09/24)
(09/20)
(09/10)
バーコード
ブログ内検索
タグクラウド
カウンター
Copyright ©  -- アンチ特亜ブログ! --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]