忍者ブログ

極東アジアの政治・経済・外交・安全保障および歴史に関するブログです。

   


×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

国会で、15日に引き続き参議院予算委員会が開かれ、野田首相は、TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)の交渉に参加する時点では、自由化の例外扱いを求める品目のリストを策定・提出することはしない考えを示した。

社民党の吉田忠智議員は「わが国のネガティブリストに、例えば、コメ・砂糖の関税撤廃はしない、国民皆保険を守り、混合診療は解禁しないなど、明記すべきだと思いますが、どうですか?」とただした。

これに対し野田首相は、「ネガティブリストを持って交渉するというやり方が、本当に交渉になるかどうかというと、心の中に守るべきもの、そういうものをしっかりやっていくことは当然でありますけれども、リストを持って、これじゃあ入らないというのは、これは交渉ではないと、わたしは思います。わたしは、慎重な検討が必要だと思います」と述べ、交渉参加の時点で、自由化の対象からの除外を求める品目のリスト、いわゆるネガティブリストは作成・提出しない考えを示した。

続いて玄葉外相は、「ネガティブリストは交渉に入ってからだ」と述べ、交渉に正式に入ってから、関係国にリストを提示したい考えを示した。
さらに野田首相は、TPPなどの経済連携について、日本が主導していく決意を強調した。

野田首相は「気をつけなければいけないのは、保護主義の台頭です。だからこそ、こういうときこそ、自由貿易を推進をするという意味で、日本はイニシアチブを取っていかなければいけないと思います」と述べた。

また野田首相は、TPPの交渉に臨む政府の態勢について、「前例にとらわれることなく、外交交渉や情報提供をしっかりとやっていくための強力な態勢を整備していきたい」と、省庁横断による対策チームを設置したい考えを示した。

一方、公明党の山本香苗議員は、野田首相に対して、TPPへの参加を争点に、解散総選挙に踏み切る覚悟があるかただした。

公明党の山本議員が、「TPPに参加するかどうかで、これで国民の信を問うという、総理の覚悟、決意はございますか」とただすと、野田首相は、「国難とも言うべき、いろんな課題を抱えているときに、民意を問うという視点は大事ではありますけど、民意をしっかりふまえた十分な議論をしながら、与野党の合意形成をしていくことが、まずは大事だというふうに思います」と述べ、TPPを争点に解散総選挙を行う可能性について、現時点で否定した。 

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00211689.html


>交渉参加の時点で、自由化の対象からの除外を求める品目のリスト、いわゆるネガティブリストは作成・提出しない考えを示した

TPPはネガティブリスト方式なのだから、ネガティブリストを提出しなければ全ての物品・サービスが自由化の対象になるのですが... ヽ(´ー`)ノ (米側の発表が正しかったようですネ!)

>心の中に守るべきもの、そういうものをしっかりやっていくことは当然でありますけれども

野田豚の心の中などどうでもいい! 守るべきは守ると言うならば、何が守るべきモノか明確にし、それを国民に知らせてから交渉に臨むべきである。 そんな最低限のことすらできていないからTPP交渉参加に不信感が募るのだ

情報を隠すクセのある民主党政権は信用ならんし、そもそも民主党政権に交渉能力と言うモノが全くないことだけは明らか! ヽ(´ー`)ノ

ISDで主権を失って、どうやって国益を守るのか説明しろ!



 

PR

 野田佳彦首相は15日午前の参院予算委員会で、環太平洋連携協定(TPP)交渉への参加方針を表明したことに関し、関係国との事前協議の結果によっては参加しない可能性もあるとの認識を示した。自民党の山本一太氏が「交渉に参加しない選択肢もあるのか」と質問したのに対し、首相は「何が何でも、国益を損ねてまで参加することはない。百パーセント、とにもかくにも(参加)ということではない」と述べた。

 鹿野道彦農林水産相も、アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議や日米首脳会談での首相のTPP交渉をめぐる発言について「私は交渉参加を前提とするものではないと理解している」と述べた。

 首相はまた、自身が日米首脳会談で「全ての物品、サービスを貿易自由化交渉のテーブルに乗せる」と発言したとする米側発表について、「一言も言っていない」と否定した。

http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2011111500190


まさにこの答弁をホノルルAPECで言ってくればよかったのに・・・ ヽ(´ー`)ノ

日本の交渉参加に対する既参加国の議会承認が得られるまで、野田政権は果たして保つだろうか。

TPP交渉はネガティブリスト方式なのだから、早いとこ国益を損なうとやらの項目を列挙して国民に知らせろ! それをしなければ何も始まらない!

 


 野田佳彦首相は12日昼(日本時間13日朝)の日米首脳会談で、米国産牛肉の輸入規制緩和に向けた手続きを始めたと説明し、オバマ大統領は「歓迎する」と述べた。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/111113/plc11111311260013-n1.htm


野田豚は手土産持参じゃないと外国へは行けないようだ!

訪韓のときの朝鮮王朝儀軌一部持参や日韓通貨スワップ拡大など・・

今回もホノルル到着早々に米国産牛肉の規制緩和手続きを表明! ← 出発前まで国会やっていたのに、これについて言及あったか?

野田豚は国内ではろくな説明もせず、海外へ行ったら口も滑らか! ホイホイと着実に売国行為

早くAPECから帰国して国会再開でボコボコにされればよろしいかと思う! ヽ(´ー`)ノ

 

摩擦抱え駆け込み表明=TPPで「融和」揺らぐ-野田首相
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2011111101021


>TPP交渉参加へ関係国と協議に入る

事実上のTPP交渉参加表明である!

これを予備交渉・事前交渉と解釈する慎重派は似非、そして大バカ! ヽ(´ー`)ノ

野田豚は会見を一日遅らせて、何をしょーもない誤魔化しの曖昧な文章を考えているのか! 

一日遅らせたせいで、APEC前の国会で真意を追究できなかったではないか! 国会軽視、国民無視も甚だしい! 

さぁ、野党は問責と不信任案の提出準備を!

野田豚はTPPについて寡聞で詳しくし知らないようだ (;´Д`)

>twitterでも野田総理の答弁として流れて来てました。
>①TPPが国内法に優越することを知らなかった
>②10年間で関税全廃することを知らず、保護できる関税があると思ってた
>③今からでは交渉参加は半年後。条件闘争出来ないことを知らなかった
>④ISD条項を知らなかった
>⑤TPPよりASEAN+6が国益であることを隠してた

>ついでに、TPP加入でGDPが10年間で2.7兆円増という試算は「農水業関連の現在の関税や規制を守ったまま」という条件での試算だったことが判明。 全関税を10年内に撤廃するTPPの本質を知らない試算だったらしいと言う話

トホホ、こんなヤツに「国益のために全力を尽くす」とか「守るべきものは守る」とか言われても・・・、誰が信じるのか!?

三次補正ももうすぐ参院通過するようなので、APECから戻って来たら解散風が吹いていますように! \(^o^)/オワタ





低姿勢豚が今度は慎重豚に! ヽ(´ー`)ノ

ドタキャンで一日延ばしたことは、トップリーダーとして最悪の選択だったのではないか?

慎重派はまるで鳩政権時の普天間問題のように期待を膨らませる。 逆に推進派は日和ったトップリーダーのリーダーシップに疑問を持つ。

一日延ばして結論は変わらずでTPP交渉参加表明となれば、慎重派の怒りは倍増されることは必死!

そもそも、野田豚は実力も能力もないのは明らかなのに、いろいろとやりすぎだ。 しかも、議論を党に丸投げにしたり、国民に対してはろくに説明もしない! 官僚にとって非常に扱いやすい、使い捨てにできる都合のよい首相である。 ヽ(´ー`)ノ

国難の時なのだから、メリット・デメリットのあることは拙速にやろとするな! 震災復興のようなメリット・デメリットのない、明らかに必要なことを集中的にやり、国民の信を問うてから他のやりたいことをやるのが筋だろう。

ドジョウの迷いが「命取り」 TPP交渉に暗雲
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/111110/plc11111022470012-n1.htm

勢いづく民主慎重派 執行部、説得を怠ったツケが露呈
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/111110/stt11111022480007-n1.htm

  
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
AdSense
ブログランキング
最新コメント
最新トラックバック
(09/28)
(09/26)
(09/24)
(09/20)
(09/10)
バーコード
ブログ内検索
タグクラウド
カウンター
Copyright ©  -- アンチ特亜ブログ! --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]