忍者ブログ

極東アジアの政治・経済・外交・安全保障および歴史に関するブログです。

   


[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

鳩山氏、温室ガス25%減
2020年に温室ガス25%減「政策総動員で実現」鳩山氏が明言

 民主党の鳩山由紀夫代表が7日、東京都内で開かれたシンポジウムで講演し、2020(平成32)年の日本の温室効果ガスについて1990年比で25%削減を目指すことを明言した。首相就任後の22日に米・ニューヨークで開かれる国連気候変動首脳級会合でも、この25%削減目標を表明する方針だ。

 この目標は、政府が打ち出していた05年比15%削減(90年比8%削減)を大幅に上回ることから、目標実現に重い負担を背負わされることになる産業界などから強い反発も予想される。

 鳩山代表は講演で、90年比25%削減について「われわれのマニフェストに掲げた政権公約であり、政治の意思として、あらゆる政策を総動員して実現を目指していく」と述べた。

 また、気候変動問題について「世界全体が長期の国際的な取り組みを必要とする」と強調。そのうえで、日本だけが削減目標を掲げても、気候変動を止めることができないとし、「すべての主要国に、意欲的な目標の設定を強く呼びかける」とした。

 途上国についても「国別の削減目標」を掲げてもらい、先進国が資金、技術的な支援を行うよう「鳩山イニシアティブ」を打ち出すことを明かにした。 

 こうした構想について、首班指名後、22日の国連気候変動首脳級会合に出席して「具体的に国際社会に問うていきたい」とした。

 温室効果ガスについて民主党は、衆院選のマニフェストで、(1)企業間で排出枠を売買する排出量取引制度(2)地球温暖化対策税(環境税)の導入-などの提案を掲げていた。

http://sankei.jp.msn.com/life/environment/
090907/env0909071550000-n1.htm

2020年の温室ガス削減目標は、'05年比で米・EUは13~15%削減、日本は30%削減(従来は15%削減)!!

世界の主要国の排出量は、2005年時点で二酸化炭素に換算して約266億トンに達している。2005年時点での各国の排出量は、アメリカ(22%)が一番多く、それに中国(19%)、ロシア(5.8%)、日本(4.7%)、インド(4.5%)、ドイツ(3.0%)と続く。

2005年時点で日本は絞りきった雑巾状態です。それを更に30%も絞ろうと言うのですから無茶苦茶です。産業界に与えるダメージは壊滅的! \(^o^)/オワタ

日本の30%削減の中には15%を排出権取引で海外から購入する分も含んでいるそうです。購入先は中国・インドネシアなど。そして、購入先にはエコ技術を無償で提供しなければならないそうです(@_@)

中国に対するODAを終了したと思ったら、今度は金払って先端技術無償提供ですかっ!何だかCO2詐欺のような感じがするのは私だけでしょうか?

やっぱり、鳩山民主党政権は売国がお好きなようです。

地球温暖化の原因はCO2(二酸化炭素)ではない! (゚Д゚ )アラヤダ!!
PR


  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
TRACKBACK

TrackbackURL

カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
AdSense
ブログランキング
最新コメント
最新トラックバック
(09/28)
(09/26)
(09/24)
(09/20)
(09/10)
バーコード
ブログ内検索
タグクラウド
カウンター
Copyright ©  -- アンチ特亜ブログ! --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]