忍者ブログ

極東アジアの政治・経済・外交・安全保障および歴史に関するブログです。

   


[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

鳩山氏 外交デビュー 危うさも
民主党の鳩山由紀夫代表は5日、韓国の李明博(イミョンバク)大統領とソウル市内の青瓦台(大統領官邸)で会談した。6月末に予定される麻生太郎首相と李大統領の日韓首脳会談に先だち訪韓することで「外交力」をアピールし、次期衆院選後の政権交代を印象づけることが狙いだが、逆に不安を増大させた面も否めない。
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/090605/stt0906052013008-n1.htm

前の記事を書いていたら、鳩山氏は訪韓し李明博大統領と既に会談を終えていました! それほど日本と韓国は近いのです。 釜山から海流に乗ってボロ船でも一晩で福岡周辺に漂着できます。 不法入国? 難しくはないです。 台湾からはほぼ不可能かと思いますが...

「考え方がかなり近いことを互いに確かめ合えた。私たちが政権を担う時は新しい日韓関係ができることを強く感じた会談だった」

会談後、ソウル市内のホテルで記者会見した鳩山氏の表情は自信と誇りにあふれていた。

民主党は韓国一辺倒ですね! かの法則が当てはまれば政権交代は無いと言うことでしょう。 東アジアで最も重要な関係は日中関係です。 中国は天安門事件20周年で多忙であるし、国連安保理において対北制裁での駆け引き中に野党党首と会談することは当然避けると思います。 ロシアには今年の2月に続いて小泉元総理が訪問しているので空いているところは韓国と言うことでしょうか。


それほど李大統領は鳩山氏を丁重にもてなした。2人だけの会談は35分間に及び、李大統領は鳩山氏が代表就任後初の外国訪問先に韓国を選んだことへの謝意を表明。李大統領が衆院選後の政権交代の可能性を見据えていることは明らかだった。


永住外国人地方参政権付与に関して再確認し合ったのでは?とは勘ぐり過ぎでしょうか?


だが、鳩山氏の外交デビューに民主党は内心ヒヤヒヤだったようだ。特に安全保障面で相手国に下手に言質を取られると政権交代後の混乱要因になりかねない。


故盧武鉉前大統領であったら何か仕掛けられたかも知れませんが、今の李大統領には盧武鉉氏自殺問題や対北問題等があり、新たな問題は避けたいでしょう。 永住外国人地方参政権付与を推進する人の足を引っ張ることはありません。

鳩山氏は地方参政権付与問題でも側近議員に「次期衆院選で保守層が逃げるので触れないでほしい」とクギを刺されていたが、危うい場面もあった。

李大統領は「鳩山代表は日韓関係や在日韓国人問題で進んだ認識を持っている」と褒め、言質を引き出そうとした。鳩山氏は直接的な言及をさけたが、「おかげで多くの民団(在日本大韓民国民団)の方々の支持をいただいている」と応じており、民団がかねて要望してきた参政権付与に踏み込んだと受け取られてもおかしくない。


保守層の票は既に捨てているとしか思えないのですが。 折角、鳩山代表が訪韓し李大統領と会談したので、マスコミは大々的に報道して下さい。 特に永住外国人地方参政権付与問題は漏らすことなく。 無理っぽいですが...

また、会談で鳩山氏は李大統領に「一部に過去の侵略行為や植民地化を美化する風潮もあるが、私たちはそのような立場をとらない。私たちは過去の歴史を直視する勇気を持っている」と断言した。この言葉の重みは鳩山氏が政権をとった後しか分からない。

居酒屋では取り敢えずビールと言いますが、鳩山民主党は取り敢えず友愛的歴史解釈と言うところでしょうか。 万一、政権を獲ったら日本は大変なことになるのは確かなようです。 取り敢えず政権交代みたいな安易な投票行動だけは慎むべきだと思っております。

PR


  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
TRACKBACK

TrackbackURL

カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
AdSense
ブログランキング
最新コメント
最新トラックバック
(09/28)
(09/26)
(09/24)
(09/20)
(09/10)
バーコード
ブログ内検索
タグクラウド
カウンター
Copyright ©  -- アンチ特亜ブログ! --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]