忍者ブログ

極東アジアの政治・経済・外交・安全保障および歴史に関するブログです。

   


[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

鳩山代表「首相になっても靖国参拝しない」
鳩山氏が民主党代表就任前に韓国紙中央日報のインタビュー応えた内容、および5日の訪韓を控え書面インタビューが追加されたものです。
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=116244&servcode=A00&sectcode=A10

 --靖国神社参拝と独島・歴史問題に対する認識は。

  「私たちは現政権に比べて、過去の戦争の歴史などを直視して反省するのが重要だという認識を重視する。民主党でも若い議員の一部は認識の次元が違うかもしれない。しかし誰が首相になろうと、私をはじめ、政権の核心要人が靖国を参拝することはないと断言する。民主党が執権しても独島(ドクト、日本名・竹島)問題に対する立場は変わらない。歴史的な経緯をどこまで遡及するか分からないが、韓国人が領有権を主張している立場もよく知っている。最も重要なのは感情的にならないことだ。時間をかけて対話をしながら方向を定めることしか方法はないと考える」

もう少し日本の視点・見解から過去の歴史を語れないものでしょうか? 少なくとも1965年の日韓基本条約締結で過去の問題は解決済みぐらいのことは言うべきです。 中国政府の天安門事件20周年に際しての傲慢な対応振りを見ているだけに、鳩山氏は弱々しく、女々しさすら感じました。 竹島問題に関しては不法占拠は遺憾、国際司法裁判所に委ねるべきが当然ぐらいのことは言うべきです。 また、靖国参拝問題は心の問題でもありますし、世論も二分されているので余り軽々しく参拝しないと断言すべきではないと思います。 何より参拝すること自体が悪とすることは250万の英霊に対して礼を失しています。 現在の日本の繁栄は先人の尊い犠牲が礎になってることを忘れてはいけません。

--来年は韓日併合から100年目だ。

  「歴史は歴史として冷静に直視しなければならない。韓国人に与えた被害が多いので反省すべきことはしなければならない。今は両国関係が非常に良くなったので文化の交流、知識人の交流などを拡大し、良い雰囲気をつくることが重要だ。若い人たちの間では文化交流がとても活発になった。先日、韓国芸能人の公演を見に行った。妻がとても熱烈な韓流ファンなので連れられて行ったが、ドラマ『冬のソナタ』でペ・ヨンジュンの恋敵として出てきたパク・ヨンハが登場した(鳩山代表はその場で夫人に電話をかけて出演者の名前を確認した)。民主党が執権すれば韓日併合100年と関連して適切なメッセージを出すだろう」


歴史を歴史として冷静に直視したならば、日韓併合は当時の時代背景では必然であり、しかも韓国にとっては祝福であったとさえ言えます。 当時の韓国は自国防衛すら出来ず、日中露のいずれかに事大するしか生き延びることが出来なかったのです。 鳩山氏は綺麗事だけに終始せず、日韓併合時の日本の貢献を正当に評価せずして真の日韓友好は築けないぐらいのことは言うべきです。 ウケ狙いで韓流ドラマを持ち出すのは姑息です。 ボケるばかりではなく、過去十年の太陽政策に対してツッコミを入れて欲しいところです。 金大中・盧武鉉の極左政権下で日韓関係は大きく毀損された。 李明博大統領は、これを修正する責任がある! 韓国には、これ位の上から目線でモノを言うのが丁度良いかと思います。

PR


  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
TRACKBACK

TrackbackURL

カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
AdSense
ブログランキング
最新コメント
最新トラックバック
(09/28)
(09/26)
(09/24)
(09/20)
(09/10)
バーコード
ブログ内検索
タグクラウド
カウンター
Copyright ©  -- アンチ特亜ブログ! --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]