忍者ブログ

極東アジアの政治・経済・外交・安全保障および歴史に関するブログです。

   


[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

急浮上した「韓国併合100年謝罪論」は日本・韓国・北朝鮮の国民を不幸に陥れる
「竹島の領有権放棄」「北朝鮮への重油20万t提供」まで主張する東大名誉教授の問題論文が韓国に〝飛び火〟
 
日本人はどこまで「謝罪」が好きなのだろうか。

著名な歴史学者が「韓国併合100年おわび論」を主張し、大学教授や弁護士などが共同代表を務める「韓国併合100年市民ネットワーク」なる組織も設立されている。必要な謝罪なら大いにやればいいが、不必要な謝罪は国家の行方を誤らせることになる。奇妙な運動を支える歴史観のどこに問題があるのか、櫻井よしこ氏が論破する。

来年は日本が1910年に朝鮮半島を併合して100年目に当たることから、日本政府に新たな謝罪や補償などを求める動きが出てきている。 その中心となっているのが東大名誉教授の和田春樹氏だ。

長いので全文引用はできません。 全文は下記URLへ!
http://news.nifty.com/cs/magazine/detail/
sapio-20090713-01/1.htm

この東大名誉教授の和田春樹氏は拉致問題は証拠がないとして行方不明者問題だと北を擁護するなど親北サイコ左翼学者。 小泉訪朝以降勢いが衰える。 旧社会党とつながりが強いと指摘されている。

>> 米国議会が「ハワイ王国転覆」から100年にあたる1998年に謝罪決議を採択したことを引き合いに出し、日本も国会決議、総理談話などで〈一段進んだ歴史認識が示されるのがのぞましい〉と書く。さらに「独島」(和田氏は竹島をこう呼ぶ)の領有権放棄、慰安婦問題、強制動員労働者問題の解決を図ることを主張している。

民主党を事実上牛耳っている旧社会党勢力の認識そのままだ。 民主党政権になると左翼史観が息を吹き返す。 それこそ本当に「韓国併合100年おわび論」が現実のものになりかねない!

日本国民はそれでも政権交代の選択をするのだろうか。

  
PR


  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
TRACKBACK

TrackbackURL

カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
AdSense
ブログランキング
最新コメント
最新トラックバック
(09/28)
(09/26)
(09/24)
(09/20)
(09/10)
バーコード
ブログ内検索
タグクラウド
カウンター
Copyright ©  -- アンチ特亜ブログ! --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]