忍者ブログ

極東アジアの政治・経済・外交・安全保障および歴史に関するブログです。

   


[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

<総選挙>中華系団体は沈黙、韓国・朝鮮系とは対照的―日本華字紙
2009年8月28日、日本の華字紙・中文導報は、在日中国人や日本国籍をもつ中国系の人々が、今回の総選挙では「沈黙」をつらぬいていると報じた。

07年、日本で外国人登録をした中国人は60万6889人にのぼり、初めて在日韓国人・朝鮮人を超え、トップに躍り出た。08年には、65万 5377人となり、前年比8%の増加を記録した。日本国籍を取得した中国系の人々を含めると、現在すでに82万人に達したとみられている。しかし、華僑団体は今回の選挙で沈黙を守っている。

在日韓国人・朝鮮人の各団体は対照的に、永住外国人の地方参政権獲得のために積極的に運動を展開している。華僑団体が日本の政治への参与に消極的なのは、なぜなのか。

同紙は、日本の華僑社会に、まだ参政権問題を含む政治問題で華僑の希望や声を代表する政治団体が存在しないと指摘している。日本の3大中華街も、「商売だけ、政治には口を出さない」を旨とし、日本の選挙と距離を置き、慎重な姿勢を貫いてきたという。神戸の南京街振興組合も、「各政党の選挙活動には一切介入しない。どの政党、候補者の宣伝活動にも与しない」と態度を明確にしている。

日本で唯一の現役華僑国会議員の蓮舫(参議院議員)も、所属する民主党のなかでは外国人の参政権については「慎重派」だ。

しかし近年、日本国籍をもつ華僑のなかから、「『嫌中』『右派』の候補には投票するな」と呼びかける人々も出始めているという。

http://www.recordchina.co.jp/
group.php?groupid=34806

四千年の歴史と半万年属国との差!?
( ´,_ゝ`)プッ


中国は共産党の一党独裁体制なので、参政権の概念すら薄いんじゃないでしょうか。華僑系は他国への政治介入や内政干渉するよりは、自国の民主化や更なる経済発展の方が気になるでしょうし...

中国人は愛国教育のせいで反日体質ですが、日本人に対して変なコンプレックスは持ってないようです。一方、韓国人は一種の病気?でしょうか(究極のアンビバレンス)。

民団の異様なまでの参政権付与に対する粘着質はホント異常です!在日の方の中にも迷惑千万だと思ってられる方が少なからずいます。やはり民団は組織力維持のためにも、在日が帰化して民団を離れることに危機感があるのではないでしょうか。だからこそ、帰化することなく参政権付与を獲得してガス抜きにするのでしょう。

日本人にとっては非常に迷惑な話なので、民団は一旦解散して頂いて、平成の帰国事業部へ引き継ぎをお願い致します
m(__)m

なお、ご帰国の際は直行便もしくは竹島経由釜山港へ帰れ♪(←古い?)の選択可!

日本は日本人のものです!

文句があるのなら、どうぞ愛する祖国へお帰りを!

頼むから、出てけ~ (^_^)v


あっ!蓮舫氏は参政権付与推進派なんですけど・・
PR


  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
TRACKBACK

TrackbackURL

カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
AdSense
ブログランキング
最新コメント
最新トラックバック
(09/28)
(09/26)
(09/24)
(09/20)
(09/10)
バーコード
ブログ内検索
タグクラウド
カウンター
Copyright ©  -- アンチ特亜ブログ! --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]