忍者ブログ

極東アジアの政治・経済・外交・安全保障および歴史に関するブログです。

   


[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

鳩山氏、「ブレてはいません、ある意味進化はしているかもしれません」
2007年9月9日、当時の安倍首相は「民主党をはじめ、野党の皆さまのご理解をいただくために、職を賭して取り組んでいく考えでございます」と述べた。自衛隊のインド洋での給油活動は、かつて時の首相が、自らの進退を懸けて延長を求めた。

一方、2007年10月2日、当時の民主・小沢代表は「戦争そのものなんですよ、油を供給するっていうのは」と述べた。民主党は、憲法違反だとして、これに反対した。給油活動を定めた新テロ特措法は、野党が過半数を占める参議院で否決され、あえなく期限切れとなり、海上自衛隊は一時撤収を余儀なくされた。その後、衆議院で再可決され、給油活動は再開したが、民主党は反対姿勢を崩さず、2008年の政策集にも、新テロ特措法の延長反対を明記していた。

ところが、今回発表したマニフェストでは、この記述はない。

25日、麻生首相は「今は憲法違反じゃないんですか? おかしいとは思われませか?」、「こういうのを『ブレた』っていうんです」と述べた。

26日、民主・鳩山代表は「ブレてはいません。わたしたちは、ある意味で進化はしているかもしれません。政権を取った翌日にですね、『全部、帰ってこい』なんていうむちゃなことができるはずもない」と語った。

外交政策で、現実路線にかじを切った形だが、ほかの野党の反応は冷たい。社民党の福島党首は「野党がみんな反対をした法律です。なぜ、マニフェストからこのことを落とされたのか、理解はちょっとできません」と述べた。

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/
CONN00159872.html
【進化】
1 生物が、周囲の条件やそれ自身の内部の発達によって、長い間にしだいに変化し、種や属の段階を超えて新しい生物を生じるなどすること。一般に体制は複雑化し機能は分化していく。また、無機物から有機物への変化、低分子から高分子への変化などについても用い、拡張して星の一生や宇宙の始原についても用いられる。「恒星の―」「陸上生活に適するように―する」⇔退化。

2 社会が、未分化状態から分化の方向に、未開社会から文明社会へと変化発展すること。

3 事物が進歩して、よりすぐれたものや複雑なものになること。「日々―するコンピューターソフト」⇔退化。

少し古いですが、長州小力の「キレ(ブレ)てますか?」「キレ(ブレ)てないですよ!」を思い出して笑えました。そして、その言い訳が「わたしたちは、ある意味で進化はしているかもしれません」ですと...

一国の総理がその職を賭してまで継続して行おうとしたことを憲法違反だとして反対。ねじれ国会のために参院で否決後、衆院で2/3を使いようやく可決。一体アレは何だったんだでしょうか?(無責任でも構わない)野党の時には反対で、政権が獲れそうになったら180°変わりますか。ブレたどころの話ではないので、それを進化と呼ぶのでしょうか。

憲法違反との主張が憲法違反ではなくなるのですから、時の野党第一党の党首には責任を取って貰いたいです。西松事件で党首を辞任しているので、残りは議員辞職だけです。そして直近の選挙の出馬は慎むべきかと思います!

小沢氏は議員辞職すべし!そして次の選挙選出馬は自粛しろ!と思う方是非 ↓↓↓ クリックお願いいたします!
http://blog.with2.net/link.php?830375
PR


  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
TRACKBACK

TrackbackURL

カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
AdSense
ブログランキング
最新コメント
最新トラックバック
(09/28)
(09/26)
(09/24)
(09/20)
(09/10)
バーコード
ブログ内検索
タグクラウド
カウンター
Copyright ©  -- アンチ特亜ブログ! --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]