忍者ブログ

極東アジアの政治・経済・外交・安全保障および歴史に関するブログです。

   


[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

避難勧告の違いなぜ?=日本側情報に懐疑的見方も-米
 カーニー米大統領報道官は16日の記者会見で、米国が福島第1原発の半径80キロ圏内の米市民に避難勧告を行ったことをめぐり、避難・屋内退避の範囲を30キロ圏内としている日本との対応の違いについて、繰り返し説明を求められた。

 米政府はこれまで原発近くの米市民に対し、日本政府の勧告に従って退避などを行うよう要請していた。しかし16日には米原子力規制委員会(NRC)の指針に基づき、80キロ圏内の米市民に避難勧告を出した。

 同報道官は「新たな情報、データに基づいてNRCが独自に分析を行い退避勧告している」と説明。日本政府の当初の発表と異なり、福島第1原発の事故状況が日増しに深刻化している事態を受けて、米国内では日本政府の情報に懐疑的な見方も出ている。この日の記者会見でも「日本側の情報の量や質に満足しているのか」など、批判的な質問が相次いだ。

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_
30&k=2011031700423


「天候や風向き、風の強さ、原子炉の状態などが半径80キロ圏内での放射能汚染の危険性や、より広範囲に放射性物質が及ぶかどうかを左右する」とのことから、今回の米国の避難勧告は予防措置の意味合いが強いようだ。

しかし、日本政府の発表はなかなか信頼できませんなぁ。


内閣府原子力委員会専門委員・青山繁晴氏の解説・・・
菅首相の動きが、すべての邪魔をしている。 チェルノブイリにはならない。 パニックになる必要はない。

 
 

PR


  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
TRACKBACK

TrackbackURL

カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
AdSense
ブログランキング
最新コメント
最新トラックバック
(09/28)
(09/26)
(09/24)
(09/20)
(09/10)
バーコード
ブログ内検索
タグクラウド
カウンター
Copyright ©  -- アンチ特亜ブログ! --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]