忍者ブログ

極東アジアの政治・経済・外交・安全保障および歴史に関するブログです。

   


[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

国会70日延長、午後に議決=退陣明確化なお要求-自民
 民主党は22日午後の衆院本会議で、同日で会期が切れる今国会を、8月31日までの70日間延長することを議決する方針だ。本会議に先立ち、同党の岡田克也幹事長は与野党幹事長・書記局長会談で、70日延長を提示。2011年度第2次補正予算案などの成立へ協力を要請する。ただ、菅直人首相の退陣時期が依然不透明であることから、自民党などの対応次第では、本会議での議決が22日夜にずれ込む可能性もある。

 首相と岡田氏ら民主党執行部は21日も、退陣の条件などをめぐり協議した。その結果、会期延長幅は70日とし、菅首相の下で、東日本大震災からの復旧対策を追加する2次補正と赤字国債発行に必要な特例公債法案を成立させることで一致。首相が成立に意欲を示す再生可能エネルギー推進法案を実質審議入りさせることも確認した。

 また、本格的な復興対策を盛る3次補正については、「新体制の下で対応」すると野党側に説明することになった。

 自民、公明両党は国会対応をそれぞれ谷垣禎一総裁、山口那津男代表に一任。公明党は70日延長を認める方向で、自民党内にも容認する意見がある。ただ、同党幹部は「『新体制』なら首相が交代しなくても、内閣改造で説明がつく」として、首相の退陣はなお明確になっていないと指摘している。このため、石原伸晃幹事長は与野党幹事長会談で、退陣時期を明示するよう岡田氏に改めて求める構えだ。

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_
30&k=2011062200052

延長国会で特別公債法と2次補正案は成立するとして、菅が執着する再生可能エネルギー推進法案までは無理っぽいですな。

そうなれば、9月には被災地でも選挙ができる態勢に戻るそうなので、菅が解散総選挙に打って出る可能性が現実味をおびてきます。 ヽ(´ー`)ノ

あと2年間は民主党政権が続くのかと思っていましたので、早期解散総選挙は願ったり叶ったりです!

脱原発解散になるのか再エネ促進解散になるのか、両方を絡ませた解散になるのか分かりませんが、いずれにせよシングル・イシューで国民の信を問う、小泉郵政解散の再現的なものを目論んでいるのかと思います。

しかし、菅と小泉さんとでは支持率が・・・雲泥の差 ヽ(´ー`)ノ

今の雰囲気で解散総選挙だと民主分裂崩壊でしょうか ( ´,_ゝ`)プッ

あと暫く辛抱すれば、菅の無能独裁暴走政権が終わります!
PR


  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
TRACKBACK

TrackbackURL

カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
AdSense
ブログランキング
最新コメント
最新トラックバック
(09/28)
(09/26)
(09/24)
(09/20)
(09/10)
バーコード
ブログ内検索
タグクラウド
カウンター
Copyright ©  -- アンチ特亜ブログ! --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]