忍者ブログ

極東アジアの政治・経済・外交・安全保障および歴史に関するブログです。

   


[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

日本の「右傾化」に韓国危機感 「竹島の日」が焦点に

 衆院選で自民党が政権奪還を果たしたことを受け、韓国メディアは16日、同党が公約に掲げた国防軍を明記する憲法改正や、集団的自衛権の行使容認により「日本が右傾化に突き進みそうだ」(ソウル新聞)と危機感をあらわにした。

 19日に大統領選を控える韓国の当面の懸念材料は、島根県が制定した2月22日の「竹島の日」に政府主催の式典を開くとの公約も自民党が掲げていることだ。

 韓国では3日後の2月25日に次期大統領が就任する。自民党の公約が守られれば、大統領選の結果にかかわらず、就任式に日本の首相は招かれなくなり、両国の新政権の間で緊張が高まることは確実とみられている。

 自民党の安倍晋三総裁が、従軍慰安婦問題で旧日本軍の関与を認めた「河野談話」の見直しに言及していることにも韓国内では反発が強い。メディアは、中国の習近平新指導部との摩擦も避けられないと見通している。

http://sankei.jp.msn.com/world/news/121217/kor12121708240000-n1.htm

次の韓国大統領が誰になろうが、安倍政権は早々に竹島問題のICJ単独提訴を行うべきだ!

日韓関係が良好であろうがなかろうが、そんなことはもはや関係ない(李明博のお陰で)!

2月22日の「竹島の日」には政府主催の式典を必ず行わなければならない。 なぜならばそれが公約だからである! 韓国が反発する!? 当然、いつものように狂ったような反発(火病)をして貰わなければ期待はずれとなり、困ります。 ヽ(´ー`)ノ

竹島問題に対する日本側の対応は必ず尖閣問題にも影響を及ぼす。

日本が竹島問題をICJに(単独)提訴すれば、中国国内でも尖閣問題をICJへ提訴しろと言う声が起こるだろう。 日本は中国が尖閣問題でICJ提訴しない(できない)矛盾を中国国内ならびに国際社会にほのめかすだけでいい。 ヽ(´ー`)ノ

竹島問題をICJ単独提訴して尖閣問題で中国国内の不満分子を刺激しましょう!

まっとうな近隣外交をすれば、おのずと憲法改正への道程も整ってくるのではないでしょうか。

それと、河野談話もタイミングを見て速やかに撤回・見直しが行われることを期待しております! ヽ(´ー`)ノ

PR


  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
AdSense
ブログランキング
最新コメント
最新トラックバック
(09/28)
(09/26)
(09/24)
(09/20)
(09/10)
バーコード
ブログ内検索
タグクラウド
カウンター
Copyright ©  -- アンチ特亜ブログ! --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]