忍者ブログ

極東アジアの政治・経済・外交・安全保障および歴史に関するブログです。

   


[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

総連本部落札 地裁に厳正な審査求める

 整理回収機構(RCC)が強制執行(競売)を申し立てていた在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)中央本部の土地・建物が落札された。落札者は鹿児島市の寺院で、売却基準価額(約27億円)を大きく上回る45億円余の高値だった。

 東京地裁は、29日に売却の可否を判断するが、厳正の上にも厳正な審査が求められる。

 寺院の法主は平成21年から5回訪朝し、仏像を寄贈したり、勲章を授与されたりしている。記者会見では、北の上層部から、大使館にあたる中央本部を「いい形で残せるように」と頼まれたことを明らかにし、「朝鮮総連側から借りたいとの意向があれば検討する」とも述べた。

 また、寺院関係者によると法主は、競売開始前に総連の議長からもしばしば中央本部の購入を依頼されたという。法主が北朝鮮や総連の意向を受けて入札に参加した可能性が極めて高い。

 民事執行法は債務者の買い受けを禁止している。落札した寺院が総連から資金提供を受けている場合も、売却は許可されない。


 東京地裁は、買い受け資金に総連や関係者からの出資が含まれていないか、厳正に調査すべきだ。45億円の支払い能力も当然、寺院側にただす必要がある。

 中央本部の競売をめぐって、総連側が民主党前政権に対し、競売回避に向けた「政界工作」を行っていた疑いも浮上している。

 総連議長が総連幹部に伝えた発言記録によれば、同議長が昨年、民主党の輿石東幹事長(当時)らに接触した。内閣府副大臣(同)が働きかけた結果、RCC側が総連に競売回避を前提とする和解案を提示したという。ただ、北のミサイル発射により和解案は履行されなかったとされる。

 経営破綻した在日朝鮮人系信用組合から不良債権を引き継いだRCCは、総連に627億円の債権を持つ。競売回避は総連を利することになりかねなかった。安倍晋三政権は前政権の疑惑を徹底的に調査し、解明してほしい。

 朝鮮総連は北朝鮮の工作機関に直結する組織として、さまざまな対日工作にかかわってきた。総連傘下の商工会幹部が日本人拉致に直接、関与したこともある。

 中央本部の土地・建物の行方いかんにかかわらず、総連には今後も厳しい監視が必要である。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130328/crm13032803160004-n1.htm

法主自ら総連や北の幹部から頼まれたとベラベラ喋っているこんなクソ怪しい宗教法人に売却許可を出すな! 

45億円の支払い能力も含めて厳正に審査しろ! そして、落札は無効とせよ!

北の関係者は「総連の建物は私たちの大使館。なくなれば日本と敵対関係になる」とかほざいているそうだが、「あんなもんは反社会的組織の本丸であり、日本とは既に敵対関係ある」と言うのが事実だろ!

不良債権の元は総連であるし、総連は反社会的組織であり敵対組織であることも間違えのない事実。 従って、この際これをよい機会と捉え、総連には潰れて貰えばよい! ヽ(´ー`)ノ

PR


  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
AdSense
ブログランキング
最新コメント
最新トラックバック
(09/28)
(09/26)
(09/24)
(09/20)
(09/10)
バーコード
ブログ内検索
タグクラウド
カウンター
Copyright ©  -- アンチ特亜ブログ! --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]