忍者ブログ

極東アジアの政治・経済・外交・安全保障および歴史に関するブログです。

   


[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ウルムチ暴動の真相究明を 亡命ウイグル人組織のカーディル議長
 在外ウイグル人組織「世界ウイグル会議」のラビア・カーディル議長は29日、都内で産経新聞のインタビュー応じ、中国・新疆ウイグル自治区ウルムチで起きた暴動について「(中国政府は)一般市民の生活を一夜で奪い、平和的なデモを暴動にすり替えた。責任は中国政府にある」と批判。今後、国連などに働きかけ、事件の真相究明へ向けた調査の実現を目指していく考えを強調した。

全文
http://sankei.jp.msn.com/world/china/
090729/chn0907292118008-n1.htm



中国外交部の武大偉副部長は同日、日本政府が在外ウイグル人組織・世界ウイグル会議のラビア・カーディル議長の訪日許可したことについて、日本の宮本雄二駐中国大使を呼び、強い不満を示した。

中国が怖くて日本人やってられるか!

しかし、日本政府は上手く逃げたのか弱腰なのか?理解不能です。毅然とした態度とは、間違っても言えませんトホホ。

天安門事件や日常茶飯事の暴動で多くの同族漢人を虐殺している中国政府ですので、ウイグル・チベット族のような少数民族に対する弾圧、虐殺は朝飯前のハズです。聞くところによると、ウルムチでの被害者は漢人多数を含む数百人ではなく、ウイグル人だけでも二桁は過小報道されているそうです。従って、カーディル女史の言う、一夜にして一万人のウイグル人が消えたと言うのも大げさではないようです。だからこそ、胡錦濤主席は大恥を顧みずG8サミットをドタキャンしてまで急遽帰国したようです。

日本政府はとぼけた顔して一言二言イヤミを言ってやれば良いのではないでしょうか。

「中国政府がウソの発表をするハズもなく、中国メディア制作のDVDも100%信頼できるものであるから、海外メディアの自由な取材を許可し検証させれば良いのではないか?何か問題でも?」とか...

「ダライ・ラマ法王も、李登輝元台湾総統も入国許可したのでラビア・カーディル議長も許可した。女性だからと言って差別してはイカン!何か問題でも?」...

「中国の意向ばかり聞いていたら、日本の総理でも日本入国できなくなるんじゃないの?だってこんなに近いのに靖国神社へ行けないでしょ!ニヤニヤ」...

「靖国へ行くな!行くな!と言うのは行けと言う振りですかぁ?」...

ウイグル・チベット問題は中国の内政問題ではなく、中国政府による民族浄化です。今回のインドの対応に世界は失望していると思います。そう言う意味では、日本は良くやっているのでは?と思いますアセアセ。
PR


  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
TRACKBACK

TrackbackURL

カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
AdSense
ブログランキング
最新コメント
最新トラックバック
(09/28)
(09/26)
(09/24)
(09/20)
(09/10)
バーコード
ブログ内検索
タグクラウド
カウンター
Copyright ©  -- アンチ特亜ブログ! --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]