忍者ブログ

極東アジアの政治・経済・外交・安全保障および歴史に関するブログです。

   


[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

慰安婦被害者、ベトナム戦争性暴行被害者へ支援基金

 日本軍慰安婦被害者が、ベトナム戦争性暴行被害者のために支援基金を出した。

 韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)は、日本政府から受ける法的賠償金である「ナビ(蝶々)基金」から、ベトナム人のグエン・バン・ルオンさん(43)、グエン・ティ・キムさん(43)にそれぞれ6千ドル、4千ドルを送ったと17日、明らかにした。

 挺対協は、「日本軍慰安婦被害者のキム・ボクトンさん(87)とキル・ウォンオクさん(84)の意思により、ベトナム戦当時、派兵した韓国軍による性暴行で生まれたルオンさんとキムさんを助けることになった」と明らかにした。日雇いでエビ獲りの仕事をしていたルオンさんは、挺対協の支援で30年契約で畑を借り、農作業をすることができるようになった。キムさんは建物を借りて商店を開く予定だ。

挺対協関係者は、「ベトナム現地にいる韓国軍性暴行被害者は、大部分が(正式に)結婚できずに一人で子供を育てたり、二世も日雇い労働者や街頭での行商などをしながら不安定な生活を送っている」と話した。

 挺対協は昨年3月、慰安婦被害者が日本政府から法的賠償金を受けることになれば、戦争性暴行被害者を助けるのに使う予定だと明らかにしていた。しかし、日本政府は依然として賠償しておらず、2人の意思に賛同する市民の寄付金でこれを用意した。歌手のイ・ヒョリは初代推進委員として500万ウォンを寄付。約300団体と個人が参加し7千万ウォン以上が集まった。挺対協は、昨年コンゴ民主共和国の内戦での強姦被害者であると同時に他の被害者や子供たちを助けているレベッカ・マシカ・カチュバさんを初の支援対象とし、毎月500ドル以上の活動費を送っている。

挺対協関係者は、「2人の夢は平和だ。その意思がよく伝わるよう、必要なところに基金を送っていく」と話した。

http://www.krnews.jp/sub_read.html?uid=4700&section=sc10&section2=%E7%A4%BE%E4%BC%9A

何ですか~ これ? (゚д゚)!

取らぬ狸の皮算用!? 呆れてモノも言えません!

しかも、夢は平和だそうで・・・ ( ´,_ゝ`)プッ → はよ上下統一せい!

嘘つきの偽善行為ほどあほらしいモノはありませんな~

やっぱり、日本は土人国家を相手にしてはダメだと言うことです!

現代版脱東亜論が待望されます! ヽ(´ー`)ノ

相手にせず完全無視するに限ります。 

PR


  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
AdSense
ブログランキング
最新コメント
最新トラックバック
(09/28)
(09/26)
(09/24)
(09/20)
(09/10)
バーコード
ブログ内検索
タグクラウド
カウンター
Copyright ©  -- アンチ特亜ブログ! --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]