忍者ブログ

極東アジアの政治・経済・外交・安全保障および歴史に関するブログです。

   


[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

河本姉も開き直る、生活保護不正受給で

週刊現代6月2日号より

 

mokuji_gendai0602.jpg
 


本誌は今回、河本の岡山市内の実家も取材した。それによって、生活保護問題の「根深さ」を思い知らされることになる。
 
 取材に応じた河本の姉はこう語ったのだ。

「不正受給と言われるのは家族として心外です。じゃあ、なんで市役所が(受給を)認めたんですか! 不正だったら認められないでしょ!」

――だが、いまの河本さんには母親を扶養できる稼ぎがあるのでは?
「準一は母親を東京に呼ぼうとしたこともあったんです。でも、母がイヤだと言うのだから仕方ないでしょ」

――市の福祉事務所から、弟さんの稼ぎについて訊かれたことは?
「私が知る限り、ないと思います。詳しいことは知りませんけど」

――片山さつき議員は、徹底的に調査すると言っている。
「いいんじゃないですか、徹底的にやれば。でも、後で謝ることになるんじゃないですか」

――どういう意味?
「言われているような不正はないということです」

河本の姉いわく、母親が身体を壊した約10年前に生活保護を申請して認められた。その頃は河本も売れない芸人で、母親を扶養する能力がないと市役所に認定された。

 一度認定されたものを継続していただけで、不正ではない、それが河本家の言い分なのである。

 彼らは生活保護を「獲得した権利」だと主張する。自治体から認められた権利をなぜ他人に批判されなければならないのかと怒る。

 このように、生活保護費の受給が「国民の権利」、もっと言えば「オイシイ権利」だと考える人間が増えていることが、現在、日本が直面している「生活保護危機」の根底にある。

http://online.wgen.jp/


 

日本人とは思えない思考回路である (゚д゚)! さて、お生まれはどちらでしょうか?

言い分があるのなら法廷でどーぞどーぞ。

知名度もあり社会に与える影響が少ないとは言えない輩の反社会的行為には厳しく対処すべきだ。 しかも、問題が表面化しても謝罪するなり釈明するなどの真摯な態度がまったく伺えない。 悪質である! 

それどころか、開き直り・逆ギレ・挑発・責任転嫁などを会社ぐるみ、家族ぐるみで行う始末! これを社会への挑戦と言わずとして何と言うのだろうか!?

一罰百戒の意を込めて刑事告発し厳罰に処すべき事案であると考える! ヽ(´ー`)ノ
PR


  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
AdSense
ブログランキング
最新コメント
最新トラックバック
(09/28)
(09/26)
(09/24)
(09/20)
(09/10)
バーコード
ブログ内検索
タグクラウド
カウンター
Copyright ©  -- アンチ特亜ブログ! --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]