忍者ブログ

極東アジアの政治・経済・外交・安全保障および歴史に関するブログです。

   


[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

靖国参拝 保守層からの期待高まる

 安倍晋三首相は28日の所信表明演説で靖国神社への参拝については言及しなかったものの、首相を支持する保守層からの参拝を求める声は強まっている。産経新聞社とFNNの合同世論調査では自民党や日本維新の会、みんなの党の支持層を中心に49・3%が「参拝すべきだ」と回答した。反対は37・5%だった。

 参拝の是非を支持政党別にみると、維新支持の61・8%、自民支持の58・7%が「参拝すべきだ」と回答。みんな支持では半数、公明支持と無党派層で4割、民主支持で3割がそれぞれ参拝に賛成の考えを示している。

 年代別では、男女ともに20~30歳代の若年層と60歳以上の高齢者層に参拝すべきだとの考えが強い。特に多いのは20歳代女性(60・3%)と60歳以上の男性(52・0%)で、50歳代女性(38・7%)が最も低かった。

 首相は第1次安倍内閣で靖国神社への参拝を見送ったが、昨年12月の衆院選後の記者会見では「日本のために命をかけた英霊に対して尊崇の念を表す。どの国のリーダーも行っていることだ」と強調。その上で参拝できなかったことを「痛恨の極みだ」と語ったが、今もなお参拝するしないの明言は避けている。

 ただ、安倍内閣の支持層に限ってみると、55・3%もの人が参拝すべきだと回答。首相は保守色が鮮明な「安倍カラー」を抑える戦略を取っているが、度が過ぎれば保守層の離反に結びつきかねない懸念もある。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130129/stt13012901100002-n1.htm

「安全運転」、経済政策優先はごもっともなことですが、それも今夏の参院選まで!

参院選に勝ち、秋までには必ず靖国参拝を行って頂きたい!

尖閣棚上げ、政府主催・竹島の日式典見送り、これで靖国参拝できずではコアな支持層である保守層はもう黙ってはいないでしょう。

小泉政権以降、靖国参拝しなかった首相はことごとく短命政権に終わっています!

前回登板の際「痛恨の極み」を忘れずに。

靖国参拝しなくても対中、対韓関係は悪化しました。 靖国参拝しなくても領土問題、歴史認識問題は一向に改善せず! 

後悔先に立たずです! ヽ(´ー`)ノ

PR


  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
AdSense
ブログランキング
最新コメント
最新トラックバック
(09/28)
(09/26)
(09/24)
(09/20)
(09/10)
バーコード
ブログ内検索
タグクラウド
カウンター
Copyright ©  -- アンチ特亜ブログ! --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]