忍者ブログ

極東アジアの政治・経済・外交・安全保障および歴史に関するブログです。

   


[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

社民党 政府方針反対なら離脱を
 連立政権を構成する与党の党首が、政府方針を否定し、反対論を加速させようとしている。

 社民党の福島瑞穂党首(消費者・少子化担当相)が、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設先を名護市辺野古とする政府方針に公然と反対していることだ。

 福島氏は25日、沖縄を訪問し、仲井真弘多(なかいま・ひろかず)知事に「沖縄にこれ以上、基地を増やしてはならない。一緒に頑張ろう」と共闘を呼びかけた。これらは閣内不一致である。国家の基本である安全保障政策で政府がまとまっていないことがあってはならない。

 政府方針に反対する以上、社民党は政権を離脱するのが筋だ。

 問題をより複雑にしているのは鳩山由紀夫首相だ。首相は「閣僚として行くのはいかがかと思うが、社民党党首の立場で行くのはやむを得ない」などと曖昧(あいまい)な姿勢をとり、福島氏の沖縄入りを止めなかった。

 辺野古移設案を決断したとはいえ、県外移設に期待を持たせてきた首相の責任は重大である。国民に謝罪し、辺野古移設案への理解を求めていくことが政府の責務だが、政権にとどまるなら、福島氏にも同じ努力が求められる。

 首相は連立の枠組みが壊れるのを避けるため、社民党の意向を尊重する立場をとってきた。だが、与党内に異論を抱えたままでは、新たな日米合意と今後の政府方針の間に食い違いを生みかねない。首相は社民党を説得するか、それが無理なら、政権離脱を求めるべきだろう。

 社民党は辺野古案に反対する理由として「昨年9月の連立政権合意に違反している」と主張している。だが、政権合意は「米軍再編や在日米軍基地のあり方についても見直しの方向で臨む」としている。普天間問題の具体的な解決策を明示しなかった以上、政府方針が合意違反とはいえまい。

 福島氏は「新たな基地を造ることは、県民の負担軽減にならない」とも主張している。移設問題が解決しなければ、普天間の危険性は除去されない。嘉手納以南の基地返還や海兵隊8千人のグアム移転にも支障を来す。社民党の反対は、かえって負担を固定しかねないことを認識すべきだ。

 民主党の小沢一郎幹事長は「社民党のことまで私がとやかく言う立場ではない」と述べているが、連立与党を束ねる責任者として人ごとでは許されない。

http://sankei.jp.msn.com/politics/
situation/100526/stt1005260330004-n1.htm


踏まれてもついてゆきます下駄の雪

首相が沖縄再訪して辺野古案を提示した直後に連立パートナーの社民党党首が沖縄へ飛び反対する。 で、それでも連立維持! おかしな話です!
(゚д゚)アホカ!

民主は面子を潰されたのだから社民を切れ! 社民は裏切られたのだから連立離脱しろ! 閣内不一致、政府方針と違うのだから連立解消するのが筋なハズなのに・・・
( ゚д゚)ポカーン

どうせお互い参院選の選挙協力だけのみで連立維持を考えているのでしょう。 「共倒れ」って言葉をお贈りしたいと思います。
PR


  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
別件でおじゃまします
中国では、今、感染力の強いエイズのような奇病が広まっています。
しかし中国政府は、現在開催中の万博への影響を恐れてか、この一大事を公表していません。

この事実は中国でも記事になっていますが↓
http://gcontent.nddaily.com/d/fb/dfb84a11f431c624/Blog/93a/0fdb2e.html

続きは↓
http://taiyou.bandoutadanobu.com/
  • タタ さん |
  • 2010/05/26 (16:37) |
  • Edit |
  • 返信
TRACKBACK

TrackbackURL

ただちに衆議院を解散し、総選挙を行うよう求める
【ニコニコ動画】2010年5月25日 放送法改正案強行採決
中共の「日本弱体化」戦略 Part1 中国に貢がれた日本の血税
5月29日付けの日経新聞によれば、2030年における中国のGDPは、米国を抜いて世界の首位(24%)となり、日本のGDPの4倍の経済大国となるようだ。(内閣府予想)
中共の「日本弱体化」戦略 Part2 強請られる政治家と官僚たち
1989年(平成元年)6月4日の天安門大虐殺事件(六四天安門事件 ろくしてんあんもんじけん)から、昨日でちょうど21年が経過したが、中国は共産党の本質は、全く変わっていない。
中共の「日本弱体化」戦略 Part3 反日史観と歴史捏造の理由  
『日本人が知らない「二つのアメリカ」の世界戦略』、第二章「中共の対日戦略」から、中共の「日本弱体化」戦略 Part3 を紹介しよう。
21世紀の脅威は中国 櫻井よしこ
既に、いくつかの政治ブログでもアップされている産経新聞の記事を紹介しよう。
世界覇権を狙う中国の野望 Part1
今度の参院選で、万が一にも民主党が単独過半数で政権を取れば、もう後戻りできないほど、日本の解体は加速してしまう。
世界覇権を狙う中国の野望 Part2
恐るべき暗黒大陸・中国の世界侵略の野望に関して、『日本人が知らない「二つのアメリカ」の世界戦略』、第二章「中共の対日戦略」から、「世界覇権を狙う中共の野望」の Part2 を紹介しよう。
報道されない二つの新事実 青山繁晴
2010年6月16日のアンカー・ニュースDEズバリ!で、日本のマスコミが報道しない緊迫する朝鮮半島~中東の危機が放送された。
パワーポリティクスの未来学 Part2
地政学に基づく、日本が取るべき国家戦略とは?
反日憎日に狂奔する中共 Part1  
日本のほぼ全ての大手マスメディアは、中国共産党政府と「日中記者交換協定」という理不尽な条約を結ばされている。
反日憎日に狂奔する中共 Part2 
前回の記事、「反日憎日に狂奔する中共 Part1」の続編です。 【拡散希望】
衆院選カウントダウン 亡国への道
日本崩壊の運命を託す天下分け目の決戦のカウントダウンが始まった。
日本は中共の属国と化したのか Part1
本日の参院選の投票も終わり、各TV局が開票予測を発表しだした。
日本人の対中意識について
今日も今日とてNHKは、日本人を貶めるべく反日の捏造歴史を垂れ流している。「NHKスペシャル JAPANデビュー 第1回 "アジアの一等国"」で歴史捏造報道として史上最大の訴訟に至ったにもかかわらず、媚中・媚韓丸出しのようだ。
原爆死没者慰霊碑 碑文の誤り
広島(プルトニウム235型)と長崎(プルトニウム239型)への原爆投下から65年目、被爆者でご健在の方々は年々減少しつつある。
二つのアメリカ Part1
当ブログ記事のテーマ「日本人が知らない シリーズ」で、時折その内容の一部を引用している『日本人が知らない「二つのアメリカ」の世界戦略』という書籍がある。
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
AdSense
ブログランキング
最新コメント
最新トラックバック
(09/28)
(09/26)
(09/24)
(09/20)
(09/10)
バーコード
ブログ内検索
タグクラウド
カウンター
Copyright ©  -- アンチ特亜ブログ! --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]