忍者ブログ

極東アジアの政治・経済・外交・安全保障および歴史に関するブログです。

   


[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

小沢氏処分で党内二分=「無罪なら誰が責任」「離党勧告を」
 民主党の小沢一郎元代表が31日、強制起訴されたことで、当面の焦点は小沢氏に対する党の処分に移った。党内では小沢氏に近い議員を中心に処分に反対する意見が相次ぐ一方、同氏と距離を置く議員からは、離党勧告などの厳しい処分を求める声が上がった。強引に処分を行えば党内対立が激化するのは避けられず、執行部は慎重に検討する方針だ。

 「一般の捜査当局の起訴とは全く異質なもの。今後も民主党の議員として一生懸命努力してまいりたい」。小沢氏は31日夜、記者団にこう語り、起訴後も離党や議員辞職の考えがないことを強調した。

 これを受け、岡田克也幹事長は記者団に「処分の前例、今まで(小沢氏が)国会で説明しなかったことなどを総合的に検討する」と述べ、執行部が求めた衆院政治倫理審査会での弁明を小沢氏が拒否したことも併せ、処分問題を議論していく考えを示した。

 執行部が議論を丁寧に進めようとするのは、強制起訴が国会議員で初めてのケースであることや、処分に踏み切った場合、小沢系議員が離反する恐れがあることを考慮しているためだ。 

 今国会最大の課題は、2011年度予算案と関連法案の年度内成立。参院で野党が多数を占める中、執行部は予算関連法案について、社民党などの協力を得て衆院で3分の2以上の賛成で再可決して成立させる手段も視野に入れる。しかし、党が分裂したり、小沢系議員が法案採決で造反したりすれば、関連法案が成立せずに菅政権は行き詰まりかねない。

 実際、鳩山由紀夫前首相は「小沢氏の今の気持ちなどを斟酌(しんしゃく)しながら、冷静に見守ることが正しい判断だ」と記者団に語り、処分に反対する考えを強調。小沢氏側近の森裕子参院議員は「無罪になったときに誰が責任を取るのか」と執行部をけん制した。連立を組む国民新党の下地幹郎幹事長も「(予算関連法案の衆院での)3分の2の再可決に影響があるような判断は困る」と、「ねじれ国会」を踏まえて慎重な対応を求めた。

 これに対し、民主党内の非小沢系議員からは「自主的に党籍を離れて無罪を勝ち取る戦いをしてほしい」(生方幸夫選対委員長代理)、「執行部は毅然(きぜん)と離党勧告か除名処分にすべきだ」(牧野聖修衆院議員)などと、小沢氏の自発的離党や処分を求める声が相次いだ。渡部恒三最高顧問も「小沢君は党代表、幹事長を務めた重鎮。世論を考え、国民が納得する行動をしてくれると確信している」と述べ、自発的離党に期待を示した。

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_
30&k=2011013100547

小沢が離党しないのであれば、党執行部は離党勧告もしくは除名するのが当然だろ。 秘書の石川でさえ起訴後は離党しているにもかかわらずだ。

もし裁判で無罪となれば、その時には復党を許せばよいだけの話である。

未だ自発的離党に期待? アホか! 世論は菅政権の自発的解散を望んでいると言うのに・・

これで小沢は裁判に集中せざるを得ない。 小沢の権力は失墜したに等しい。 にもかからず、党内情勢ばかりを気にして、離党勧告すら決められない菅および民主党執行部。 グズグズすればするほど野党に責め立てられる。

ねじれ国会で予算関連法案が成立しなければ大変なことになる。 菅は一日も早く自主的解散をしろ!
PR


  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
TRACKBACK

TrackbackURL

カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
AdSense
ブログランキング
最新コメント
最新トラックバック
(09/28)
(09/26)
(09/24)
(09/20)
(09/10)
バーコード
ブログ内検索
タグクラウド
カウンター
Copyright ©  -- アンチ特亜ブログ! --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]