忍者ブログ

極東アジアの政治・経済・外交・安全保障および歴史に関するブログです。

   


[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

維新の会所属議員が「橋下氏は平和ボケ」と不快感

 橋下徹大阪市長(43)率いる「日本維新の会」にとって、安倍晋三元首相(58)の存在は"疫病神"であったようだ。

 コトの発端は、大阪市内で9月23日に開かれた維新の第2回公開討論会だった。有識者として参加したジャーナリストの田原総一朗氏から竹島問題を突っ込まれた橋下氏は、マイクを手にこうまくし立てた。

「威勢のいいことばかりを言ってもダメ。(韓国が実効支配している)竹島は武力ではひっくりかえせません。竹島が日本固有の領土という主張は曲げないが、シビアに国益を考えれば、決着を国際司法裁判所に委ね、韓国と竹島の共同管理をめざす方向へ持っていくべきでしょう」

 熱愛のころは「尊敬できる方」と安倍氏を持ち上げていた橋下氏の態度は一変。「威勢のいいことばかり」のくだりは、領土問題に強硬姿勢を打ち出した安倍氏への批判とも聞こえる。

 そんな橋下発言に維新の議員は不快感を隠さない。

「僕ら維新の会の初期メンバーは究極の保守で、領土問題は最終的に戦争を覚悟して臨むべきものと考えている。橋下さんは『戦争する覚悟が日本人にはないから、共同管理しかない』と合理的な意見を言ったんだろうけど、それはあまりに平和ボケ。領土主権に対する僕らの考え方は、橋下さんとは違うが、安倍さんは同じ意見だ」

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20121001-00000003-sasahi-pol

橋下氏は急ぎすぎた!?

安倍氏が自民党総裁に選出された今、国家観に一貫性がなく危やふやな未知数政党である日本維新の会を敢えて支持する理由がなくなった。

日本維新の会は地方分権や行政改革に特化する政党として総選挙で戦い、自公やみんなの党と連立するところを目指すべきたった。 おとなしく、みんなの党と連携を深めるなり、対等合併するなりすればよかったものを、一足飛びに大政党になる夢を描いたのなら、浅はかだったと言われても仕方ない。

政党要件を満たしたいにしても、既成政党から落選しそうな議員を寄せ集め、(事業仕分けのような)パフォーマンス討論会or聴衆会を開催したあたりからメッキが一気に剥がれ始めた。 ヽ(´ー`)ノ

年内解散総選挙で強く豊かで誇りに思う日本再生を実現して欲しいモノだ!

PR


  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
AdSense
ブログランキング
最新コメント
最新トラックバック
(09/28)
(09/26)
(09/24)
(09/20)
(09/10)
バーコード
ブログ内検索
タグクラウド
カウンター
Copyright ©  -- アンチ特亜ブログ! --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]