忍者ブログ

極東アジアの政治・経済・外交・安全保障および歴史に関するブログです。

   


[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

盧武鉉大統領が在日を語る
「異国で国籍を死守することがいいとは思わない、同胞にはその社会で貢献して欲しい」

「韓国戦争から逃げた連中が、祖国統一を口にするのはおかしな話だ。日本には弾は飛んでこないだろう。僑胞にそんなことを言う資格などない。」

「私は僑胞の連中を信用などしていない。徴兵の義務を負わないくせに韓国人を名乗り、日本の選挙権を求める。馬鹿げていないか。つまりは、いいとこどりではないか。私たちが苦しい思いをしていた頃、僑胞の連中は私たちよりいい暮らしを日本でしていたのだ。僑胞は僑胞だ。韓国人ではない。」

故盧武鉉大統領が2003年6月の訪日時にTBSのテレビ番組で語ったとされている内容です。 実際には冒頭の太字部分だけが本当で、残りの赤字部分は後に改竄・挿入され流布されたものだと思われます。

しかし、赤字部分が韓国人の本音でしょう。 日本人ですらそう思っていますから。 在日は日韓双方にとってお荷物以外の何ものでもありません。 在日に生活保護受給世帯が多いそうです。 一定期間生活保護を受けてなお立ち直れないのであれば、原則本国に送還すべきだと思います。 韓国側は引取を拒否すると思いますが、日本が国民の血税を使って外国人の生活を保護すること自体バカげています。 しかも、その数が尋常ではありません。 国家は自国民を保護しなければなりません。 在日は日本人ではないので、帰属する国家が自国民として保護するのが当然です。
PR


  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
TRACKBACK

TrackbackURL

カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
AdSense
ブログランキング
最新コメント
最新トラックバック
(09/28)
(09/26)
(09/24)
(09/20)
(09/10)
バーコード
ブログ内検索
タグクラウド
カウンター
Copyright ©  -- アンチ特亜ブログ! --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]