忍者ブログ

極東アジアの政治・経済・外交・安全保障および歴史に関するブログです。

   


[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【高校無償化】北朝鮮が反発「除外は民族教育弾圧」
 北朝鮮の朝鮮労働党機関紙「労働新聞」は3日、日本政府が高校授業料無償化の対象から朝鮮学校の除外を検討していることについて「無分別な民族教育弾圧行為」だと非難する論評を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

 北朝鮮メディアがこの問題を取り上げるのは初めて。「慎重に公正に扱う」よう鳩山政権に求め「今後の推移を注視する」とけん制した。

 論評は、論議に拉致問題や日本が継続している経済制裁を絡ませることは「事態を複雑にするだけだ」と反発し、朝鮮学校は「日本の学校と同等の教育の権利を有している」と主張。「民族差別政策で朝日関係を危機に追いやることは、日本にも得策ではない」と指摘した。

http://sankei.jp.msn.com/world/korea/
100303/kor1003032031003-n1.htm

 
乞食ですな。
ヽ(´ー`)ノシャベチュ

で、その答えは以下の通り!

日本にいながら日本人への敵視感情を駆り立てる教育を見直すことがまず重要だ。 

そもそも論でいえば、こうした民族教育は本来、朝鮮民族の英知と資金、それに見識と責任で賄われるべきであるということだ。 まして他国の公金を使って、他国政府の監督支配下で、真っ当な民族教育が出来るとはどうしても思えない。 日本の公金を受け取るということは日本の『公の支配下』になければならず、日本の統治下にあるということである。 後で強制連行だ、植民地支配だなどと言われないように念押ししたうえで、日本の「朝鮮学校統治」を朝鮮民族は是認するのか。 こうした疑義が朝鮮人から聞こえてこないのが不思議だが、これは朝鮮民族の矜恃の問題であり、よくお考えいただきたい問題である。

http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/
100228/plc1002280703003-n5.htm

まるで乞食がお恵みに与れ(あずかれ)なかった時に逆ギレするが如くのモノ言いですな。

日本もそろそろ害虫が寄生しにくい、棲みにくい環境づくりをしなければなりません。 放置するなどは失礼な話です。 この際、愛情を持って除去してあげれば良いのではないでしょうか。 日本の環境が変わり生息し難くなれば、棲みやすいところへ移って行くか、環境に適応する努力をするでしょう。

逆に天然記念物の如く保護するのは如何なものでしょうか。 環境に適応できないものは何れ絶滅するが自然の摂理です。

日本で生まれ育ち、今後も日本に住み続けるのであれば、日本の学校へ通えば良いだけの話です。 そんなに民族教育が大切であるならば、ボランティア・無償でやれば良いのです。 授業料を取らなければ、無償化もクソもありません。

日本人で日本の大学を出ても就職難です。 多くの日本人が経済的に苦しんでいます。 このようなご時世ですから、当たり前と言えば当たり前なのですが、日本政府は日本人優先の政策を行わなければなりません。 他国で自国民より外人を優遇する国はありますか? あったら教えていただきたいものです。

ヽ(´ー`)ノニッポン ハ ニホンジン ノ モノ!
PR


  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
TRACKBACK

TrackbackURL

一阿のことば 50 「ケルトの木 6」
さてこうしてABCDラインが出来上がって行きます。 Aはアメリカ、Bはイギリス、Cは 支那、Dはオランダです。 東南アジヤにはオランダの植民地が多かったのです。
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
AdSense
ブログランキング
最新コメント
最新トラックバック
(09/28)
(09/26)
(09/24)
(09/20)
(09/10)
バーコード
ブログ内検索
タグクラウド
カウンター
Copyright ©  -- アンチ特亜ブログ! --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]